ヴェウドゥムの新スイープ、「ヒョードル」?

新スイープでもないですし、「ヒョードル」って名前でも無いですが、快挙を成し遂げたこの技、なんか名前付けてあげたくなりますよね。


僕が適当に「後転スイープ」とか言ったので、一部で混乱させてしまったようですが、僕は背中付けた状態で、相手の進もうとする方向に、相手を乗せてふっ飛ばすムーブを全部「後転スイープ」って呼んでるので、あまり気にしないで下さい。


このスイープですね。

http://www.youtube.com/watch?v=qfx4LTaZDMo

いわゆる担がれ状態からのスイープですね。


ダブルアンダーフック状態や担がれ状態というのは、普通の感覚だとピンチな場面ですが、カイロン・グレイシーやマイケル・ランギ、アブマー・バルボーザといった新世代回転スパイダー使いにとっては、もはや新たな基点ポジションともいえる体勢である事は、今まで見てきましたし、知ってた方もたくさんいらっしゃると思います。


まあムーブの感覚としては、別に昔から、出来た人は出来てたっぽいムーブですが、トレンディな最新ムーブの系統である事は間違いないと思うので、「遂にMMAに回転系が来たか」、という思いで感慨深いです。


さてそこでですが、そういった感覚や知識がヒョードルにあったかどうかは、我々では分からない所ですが、結果としてあっさり喰らってしまったという事に関して、研究不足だったと言えるんでしょうかね?

感覚的に防ぐ、という選択肢はこの際ナシにして。

ちゃんと知っておくべきだったかどうか、という事ですね。


MMAの選手がどこまで対戦相手を掘り下げれば良いのかって話かもしれませんが、本当「知ってる人は知っている、知らない人は知らない」世界ですよね。

僕らみたいな柔術ファンは知ってて当たり前かもですが、ヒョードルに「ムンジアル見とけば良かったのに」とか言うのもなんか違和感があるというか。


ちょっと今の柔術かじったり見たりしてれば、なにせヴェウドゥムの仕掛けです、防げたかどうかは分かりませんが、とりあえず「対策した」とは言えたんじゃないかな、程度は個人的には感じますけど・・・・。


まあつまるところ、柔術好きだと良い事がある、って感じでしょうか。

柔術ファンは三文の得って事ですね。

ヴェウドゥムの新スイープ、「ヒョードル」?” への13件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    何かしばらくあちこちの道場でこのスイープから三角の流れが流行りそうな気がします。「これがヒョードルを極めた技なんだぜ!」みたいなw
    2ちゃんでも話題に出てたけど、ヒョードル出稽古した方が良いでしょうね。
    以前にもハントにサイド取られたり、ホンマンのようなデカい相手に背中べったりつけたハーフガードとってしまったりと、強力な極めを持つ反面、ポジションはちょっと雑というか無頓着な所もあって、今回はそこが表面化した気がします。攻めに意識がいってベースを疎かにしてしまったような。
    立場的に出稽古が無理なら、ミルコみたいにコーチやパートナーをロシアに招聘するとか。ミルコと違い本来はグラップラーなので、より効果は見込めると思うんですが。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ファブの回転と極めの力はもちろん凄いけど
    体勢を崩されたヒョーが金網にぶつかったからこそ
    ああいう結果になったのも否めないかと。そこで
    1)端の方で金網方向に回転して相手の体を崩し
    2)相手の体を金網にぶつけ
    3)戻って来て逃げ場を失った相手に三角
    この一連の流れをヒョードルと呼ぶのはいかがか?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >EJさん
    この技が流行ったらすごい練習になりそうで、良いですねー。
    回転系ってすっぽ抜けるというか、相手と離れて回っちゃう事が多いので、その辺気をつけて練習して欲しいです。
    ヒョードルご本人は、出稽古とか好きそうですけど、周囲の環境が難しそうですよね。
    ヘンな人達たくさんいますし・・・。
    すごい面白いと評判の和良氏著作「ロシアとサンボ」的な事情があったりして、純粋な格闘技術発達が阻害されているのだったら、闇は深いのかもしれませんね。
    僕サンボとか全然分からないので適当言っちゃってますけど。
    それにヒョードルも国産モノにこだわりありそうですよね。
    どう挽回してくれるんでしょうか。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >yさん
    その辺はご自由に!
    そもそもあのスイープに名前を付けてくれる雰囲気になるかどうか分からないですしね(笑)。
    とりあえず「ファブリシオ」とか「ヴェウドゥム」とかにならなそうな感じするのが、ヴェウドゥムのキャラでしょうか・・・。
    「ファブリシオ」も「ファビオ」みたいでかっこいい気がします。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    フツー
    技の名前を付ける時には技を掛けた人の名前を付けるべきなのでは…(笑)
    まあ…
    ヒョードルの方が圧倒的にメジャーなのでしょうがないのでしょうが…
    私的には三角の対処のまずさ
    腕ひしぎの際に腕を伸ばしてひっこ抜こうとするなど柔術のトップだったら有り得ない対処ばかりが目に付いたので
    スイープ自体にはあんまり着目していませんでした
    バランス崩してもフェンスがあったので崩しのみで終わってしまいましたし
    個人的にはベウドゥムは足を掬ってはいないので
    たまたま柔術エビで戻したら体重を乗せていたヒョードル相手にこのスイープ状態になってしまったという方が正解かもしれないなぁ…とか思っています

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >NダDサクさん
    ヴェウドゥムのキャラが出ちゃってますかね!
    けど多分誰も名前すら付けなさそうですよね(笑)。
    確かに技というか、仰るように柔術ムーブが染みついている選手だったら、自然とできそうな動きですよね。
    サウロ・ヒベイロに「ランニング・エスケープ」ってサイドからの逃げ技があるんですけど、これもほぼ同じ原理です。
    抜き方はやっぱちょっとあんま良くないですよね!!!
    あれじゃ絞まる一方というか、少なくとも凄いヌルヌルしてないと、抜けないんじゃないですかね。
    汗かく場面が多いMMAでは大丈夫だったかもしれませんが、ヴェウドゥムとかにガッチリ入られたら、ああいう風に腕伸ばしたまま前に出て捻っても抜けない気がします!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    趣味で柔術かじってるだけの自分が最強クラスの柔術家のファブリシオの三角を、こうすれば抜けられたなんていうのはおこがましいにもほどがありますけど、
    あの無茶な抜き方であの時間耐えられるヒョードルなら基本的な対処で抜けられたかもしれないなって思っちゃいますね。あの方向に抜くと逆にしまっちゃいますし…
    関係ないですがうちの道場ではニーオンでタップ する 行為に僕の名前がつけられてしまいましたwアミールポジション的な感じでしょうか。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >YMDさん
    おこがましいなんて事無いですよ!
    少なくともこのブログではガンガン語って欲しいですよ。
    本筋と関係無い人格攻撃とか、意味分かんないのは嫌ですけど、格闘技の技術に関して色々議論を戦わせる訳ですからね。
    ヒョードルやヴェウドゥムだってそういうの絶対喜びますよ!
    まあ知らないですけどね・・・。
    むしろ僕みたいなニワカ評論家が全く居ないジャンルとか、活気が無い事甚だしいですし・・・。
    今やってるワールドカップじゃないですけど、もう全国民が「プチ柔術評論家」って感じになって欲しいです。
    会社の昼休みとかに飯食いながら、「昨日のあそこはニーオンでまずポジションキープしないとダメだよなあ」とか語るんです。
    もしそういう社会になったら、周囲より先に柔術始めていて、多少なりとも知識に勝る僕とかがモテるかも!!!
    うおおお夢の世界!!!

  9. SECRET: 0
    PASS:
    私も柔術かじったオッサンの分際でしかないのに
    トップ選手のノウハウをあーでもないこーでもないとよく話をしますので後になって反省することしきり…
    お前一体何様のつもりだよ…と
    でも私とは全然違いブスさんの技術コラムは濃くて面白いのでこれからもどんどん描いて欲しいでけどね
    ヒョードルの三角の対処が担ぎばかりで下手だと最初多くの人同様思ったものですが
    後になってスローで別角度で見直してみると
    これはヒョードルが下手というのではなくベウドゥムが
    上手過ぎた
    としか言いようがないです!
    最初の打撃も大振りなので当たっていませんでしたし
    ダウンではなく打ち合うのは危険と見て寝たんでしょうね
    ベウドゥム
    最初の三角腕ひしぎはまだ浅かったので担ぎで逃げられたのでしょうが
    2度目のは完全に入っていたので動けなかったと見た方がいいんでしょうね
    そこでベウドゥムが深く組んで王手になり完全に入ったて感じです
    これは確かに逃げられない!
    すんませんでした…
    ヒョードル

  10. SECRET: 0
    PASS:
    情報ありがとうございます!
    誰かニコニコ当たりで転載して日本語訳してください!(爆)
    確かにこれ以上の解説役は存在しない!
    しかしヒーロン&ヘナーはあざといというか
    なんというかw
    この一戦 高瀬選手がアブダビ王者に寝技でも臆することなく挑むとは凄いなぁと寝ているベウドゥム相手にびびったハリトーノフを皮肉ってるのが笑えました
    サウロヒベイロのDVD(柔術レボリューションⅡの方だったかな?)でも紹介されてるランニングエスケープなんですがファビオ返しの動きとも相通じてますよね
    あと新紀元社のホイスのボトム編だったかな?
    それにも紹介されてます
    この柔術の基本の動きをエビとして私が最初に教わったのはバルボーザ先生からなんですが
    柔道でも見たこと無い動きですよね
    この基本の動きが地上最強のMMA王者と呼ばれたヒョードルを打倒したわけですから
    皆さん柔術を学びましょう
    てことでw

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >NダDサクさん
    速攻で動画上げてきましたよね(笑)。
    素早いですね。
    訳せたら訳にチャレンジしてみたいですけど、なんか凄い早口の上に、ニコ動っていうのが良く分かんなくって・・・。
    ヒョードルの、ガードに突っ込んで行って攻める姿勢というのは、個人的に大好きですねー。
    柔術家対策がみんなメレンデス・アンデウソン戦法だったら、なんか寂しいです。
    けどこの一戦以降、あの戦い方が増えるかもですね。
    サウロのはそうです。Ⅱですね。
    柔術ファンであったおかげで、この一戦をムサシvsカーンの三角喰らったヤツと同列に扱うのではなく、色々な方向から楽しむ事ができました。
    まさかヒョードル戦でこういう事がでいるとは思ってませんでしたが・・・。

コメントを残す