ファブリシオ・ヴェウドゥム、ヒョードルに1R1本勝ち

「現在のMMAでは、下からの仕掛けは極まらない」的な事を聞くたびに、「本当の意味でのリアルタイムトップ柔術家がやれば、絶対そんな事はない」とずーーーーーっと思ってましたが、今回のファブリシオの快挙で、真の意味で技に精通していれば、MMAだろうが柔術だろうが上からだろうが下からだろうが技は極まるという事が証明されたように思います。


http://www.youtube.com/watch?v=r254ncFfv24

ヒョードルが担ぎから攻め立てている際に、ファブリシオが後転スイープ決めてますね。

柔術&グラップリングの試合だったら、完全にスイープ完了ってくらいまでヒョードルの体勢を崩しています。


そしてこういう逆さ回転系で、回られた後に気をつけなければいけないのが三角絞めですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=LlYvfdRp6lQ

こういう感じで。

ライアン・ホールも大得意な入り方ですよね。

柔術やってる人には結構お馴染みの入り方です。

もちろん実際やるの難しいですけど・・・。


後転スイープ喰らってベースが崩れていて、体が横向いて首元も空いているので、三角が深く入りやすいですよね。

そして引っこ抜くベースも取れてないので、結果ガッチリ極まってしまった訳ですね。

これがノゲイラ等の三角は引っこ抜けたヒョ-ドルが、今回はどうしても脱出できなかった理由だと思います。


もちろん現在のMMAにおいては、下になる事は確実に不利になる場合が多く、技も決まりにくいのは確かだと思うので、「下から極まらない」的なセオリーに異を唱えるつもりではありません。

むしろ正しいと思います。


けど、ヤバイ黒帯が居るのを忘れてもらっちゃ困るゼ?

アイツらはどっからでも極めてくんヨ?

って感じって事ですかね。

ファブリシオ・ヴェウドゥム、ヒョードルに1R1本勝ち” への15件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >nerazuriさん
    ムフフ嬉しいですね。
    やっぱ柔術は下から強いんだよ!って感じです。
    ノゲイラが下からバシバシ極めてた頃の感動が蘇ったかのようですよ。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    6月27日は三角絞めの日・ヴェウドゥムの日として柔術愛好家達の間で語り継がれていくでしょう。
    ヒョードルは素晴らしい選手だけど、ちょっとあの対処法は???な感じでした。ヴェウドゥムがシウバやキング・モー等の良い練習相手・環境に恵まれてるのに対して、ヒョードルの周りには柔術・グラップリングに精通した人は余りいないんでしょうか?ロシアンマフィアwは周りにたくさんいるようですが。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >EJさん
    まあノゲイラ含む、今までの対戦相手だったら、あそこから後転スイープなんて決して来ないで、そのまま圧力で押し切れてた訳ですから、ヒョードルの気持ちも分からなくないですけど、ファブリシオはかなり早い時期から後転&逆さガード得意だった選手ですから、http://www.youtube.com/watch?v=6xXtHWTwQ4k
    そういう情報を処理できていれば、もうちょっと何とかなったんじゃないかとは思います。
    ただ柔術をちゃんとやってれば、担ぎの場面でファブリシオ相手にああいう体の預け方はしなかったろうとは思います。
    あれでは後転して下さいと言わんばかりというか、完全に相手が回転してくる前提を考えなかったムーブですよね。
    M-1グローバルとかいって、名前だけグローバルでやってる事は超旧式の興行屋の人達でなく、もっと本当にグローバルな技術対策を色々して、また復活して欲しいです。
    まあ柔術家に対しては、ノゲイラ3やメレンデスみたいに、立ち徹底すればそれでOKかなとも思いますが、それだとなんかMMAつまんなくなりますよね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    やりましたね、ヴェウドム。
    柔術を嗜んでいる身としては「やったぜ、ヴェウドム!!」なんですが、
    プライドファンだった自分としては少し寂しさも感じます。
    ヒョードルを極めたことでMMAにおける下からの寝技が再評価されますね。
    ショーグンの脇差しての立つ技術も強い!!って感じですし。
    俺も9月に総合が控えているので、影響されちゃいますよ!!!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >Shrekさん
    いやあやっぱヒョードル負けちゃったのはちょっとショックですよね・・・。
    今頃ダメージ出てきました・・・。
    ファブリシオが素晴らしい技術で勝利したのはもちろん最高なんですけどね。
    うおおおシュレックさん下からガシガシ仕掛けて下さい!!

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ヴェウドゥムさん勝ったけど、ミノタウロの“柔術マジシャン”的な、キャラをアピール出来るようなステキなキャッチフレーズないですかね?
    “柔術ガス爆発”にも負けないような(笑)

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >やのさん
    ヴェウドゥム、「柔術皇帝」的なキャッチでも全然おかしくない実績を持つのに、なんかそういうの似合わないですよね(笑)。
    せっかく今回で柔術界の英雄になったのですから、誰か上手いイメージ戦略を考えてあげて欲しいです(笑)。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >d.i.j.さん
    始めまして!
    いやー、やっぱ格闘技面白いですよね・・・。
    なんか色々出ますよね、戦いぶりとかに・・・。
    ヒョードルがここから更に修羅になってくれれば凄い興味深いんですけどね!!

  9. SECRET: 0
    PASS:
    たしかに今回の勝利は柔術家には喜ばしいですが、正直ヒョードルのミスが大きいと思います。
    ¨大きなミスがなければ¨下からの技は極まらない。は、残念ながら間違いないでしょう。
    今の柔術は特にMMAとは袂を分かった趣があります。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >へたれ柔術家さん
    もちろんセオリーというか、一般論としての話しならば、間違いなくそうでしょうね。
    ただ僕は個人的に、今回の極めは、デニス・カーンvsゲガール・ムサシの時のようなポカミスではなく、純粋にグラウンド技術の差が出たものと考えています。
    僕は、そのジャンルにおいてトップクラスの成績を収めた、いわば突き抜けた実力を持っている人ならば、どういう状況であっても、その技術は使えて、しかもその場合相手は対抗できない、と思っているんです。
    当然と言えば当然ですよね。
    そもそもそのジャンルにおいてその人より上が居ないんですから。
    つまり柔術技術が悪いんじゃないと思うんです。
    使い手によると思うんです。
    例えばファブリシオもペザォン戦とか普通に下から柔術的な揺さぶりやムーブ使いまくってて凄かったですし(クォーターから潜りハーフのスイープとか決めてましたよね)、他にも昔からブスタマンチや、デミアン・マイア等は、下からでもバシバシとナイス仕掛け成功させてますよね。
    以前は柔術家がMMAに対応する事がそもそも難しく、古くはジャンジャック・マチャド、最近ではホーレス・グレイシーとかが柔術家そのまま生成りみたいな感じでMMAで戦って敗れていますよね。
    しかし最近は時間が一回りし、MMAの作法を一通り身に付け、MMAに対応した上で、まるで競技柔術の技術をそのまま使っているかのように自然にMMAで柔術使う人がやっと出てきたように感じるんです。
    そういった意味で、「やる人がやれば、下から極まる」という事を言いたかった訳ですね。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >へたれ柔術家さん
    以前中村K太郎選手が、「マイアみたいな、そういう意味で偏った選手になりたい」みたいな事をブログに書いていましたが、僕はそういう事なのかな、とか勝手に理解してます。
    本当の所は分からないですけどね・・・。
    あとは日本の選手だと、本間選手や松本義彦選手が(確かMMA始められるんじゃ無かったでしたっけ?ちゃんと分かんないので間違ってたら済みません)、そういう事できる可能性ありますよね。
    誰相手であろうと、どこからであろうと、1本極める、非常に困難ですが、そういう超すごい選手がMMAでたくさん出てきて欲しい、そういう事言いたかったんです。
    MMAの場でも柔術を表現して欲しいです。

コメントを残す