2010ブラジレイロ レーヴィ級 ジョナサン・トレスvsルーカス・レプリ 

http://www.youtube.com/watch?v=BF0VSvLD3xA

早速動画が一つ来ました!

JTことジョナサン・トレスと、ルーカス・レプリの試合です。


いやあ、握力魔神“ザ・スパイダーマン”ことJTの下からの煽りがはんぱないですね・・・。

レプリは柔術家の中でも特に上でベース取るのが凄く上手な選手ですから、耐えてますけど、もし僕が相手だったら開始1秒でふっ飛ばされてますよこんなの。


JTはスパイダーというよりか、普通の片襟片袖の掴み方と、足のフックはデラヒーバガードを多用しながら、もう隙あらば即ぶっ倒す勢いですね。

引き手の力がすんごい強そうです・・・。


デラヒーバからのシザースイープも、物凄い切れ味ですよ。

シュバアッ!!!って感じです。


本当、形に持って行く力が凄いというか、仕掛ける時は絶対に相手を倒す、一技必倒の勢いというか気合が凄いです。


そして4分くらいから、レプリがJTのデラヒーバのグリップから足を上手く引き抜きます。

ナイスムーブなんですけど、むしろ足が自由になったからなのか、JTなぜかここから猛烈に揺さぶる事に成功して、結果レプリがベースを取れなくなってしまいます。


レプリがなんか半身になっちゃうんです。


良く見てみると、デラヒーバフックしてた足でレプリの脇をいじっているのも効いているんですが、なんというかレプリの肩を単純に掴んで引っ張っていて、これが物凄い引きっぽくて、レプリがベース取れなくなっているようです。


JTはそこからデラヒーバをセットアップし直して、そのまま襟を掴んで引き倒すようにして前にレプリをスイープ!

屈指のバランス感覚を持つレプリ、なんとか耐えて立とうとする所をJTが更に反対方向に引き倒す!!


レプリをこういう風に倒すなんて・・・。


いやあ、スイープって相手のバランスを崩してぶっ倒すもんなんですね。当たり前か・・・。

けどなんか改めて実感です。


今度はレプリが下になりますが、さすがレプリ、JTのクロスニーに合わせて速攻逆さガードです。

もうこのレベルになると、下の選手は隙あらば即逆さですね。


そして内回りに回っていきながらディープハーフのポジションをゲットし、そこからX気味に担いでヒザ十字の素晴らしい連携です!

こういうの普通にやってきますね・・・。

凄い手馴れてます。


そこからレプリが上を取り返しますが、JTも下になったら即なんかひねり倒すようなスイープ!!

SUGEEEE・・・・

このクラスの人達はスイープの際を付きまくりですねマジで。


でその後なんか見えなくなります。

この動画撮ってる人はJTの身内のようですが(ていうかロイド・アーヴィンご本人?)、じゃあちゃんと撮れよって感じですけど、まあ試合に没頭しちゃってるんでしょうね。なんかいつの間にかレプリが上を取り返してます。


上からのアタックもしっかり強いレプリ、猛攻を仕掛けます。

しかしまたもやいつの間にかJTが見えないステルススイープ!!

本当に見えません。


そしてJTがサイドを奪取!!

そしてステルスバック!!

バックの攻防の末、送り襟で1本!!!


レプリの1本負けって・・・、僕あんま記憶に無いかも。

どっかでありましたっけ。


レプリはカポエイラとかやってて身体能力も凄く、レプリのDVDとか見てると「ブラジル人のペナ以上はもう化物みたいなのがいる」みたいに柔術魂で吉岡選手が言ってたのを思い出して、「確かにブラジル人のレーヴィ、しかもチャンピオンとかになるともうとんでもないな・・・・」とか感想を持っていましたが、そのレプリを煽りまくって勝利のJT、素晴らしいですね。


ロイド・アーヴィンによると、JTはなんでも試合前にインターネットで「JTはレプリに11回くらい負けるだろ」とか書かれて怒り心頭であり、試合後の咆哮はそのアンチ(one of his hater on a forum って書いてます)に向けてのものだったとか・・・(笑)。


JTはレプリにノーギで2回、ギ有りで1回敗れているそうで、今回は前述のような事もあいまって、そうとう期するものがあったんでしょうね。

まだ20才ですか・・・。

すげーですね。



また今回のブラジレイロでは既報のとおり、ハファエルがコブリンヤを倒して優勝しましたね。

これでハファエルはADCCルール、アブダビ・プロルール、IBJJF柔術ルールの3つでコブリンヤを倒した事になりますね

何者なんですかね・・・。


そして先のアブダビ・プロで優勝したヒリオン・グレイシー所属のアレッシャンドリ・セコーニが、ブラジレイロでもアブソ男ベルナルド・ファリア等を倒して優勝です。

http://www.graciemag.com/en/2010/05/ceconi-rests-but-just-for-three-days/

こりゃあムンジアルのペサードでも目玉ですねー。

ペサードと言えばシャンジですね。

自身も「シャンジやホジャーとヤりたい」と言っています。

なんでも3日だけ休んで再びムンジアルに向けての追い込みをかけるそうです。


並み居る強豪がムンジアルに向けてエンジン掛けてきました!!!