ブスさんのDVDレビュー サウロ・ヒベイロ「Jiu-jitsu Revolution 1」①

僕の持ってる教則DVDで良かったヤツを、これから時々記事にしてみます。

柔術新聞
今回は、既にお持ちの方も多いでしょう、サウロ・ヒベイロの「Jiu-Jitsu Revolutionについてです。


このシリーズは1と2があり、どちらかというと1はベーシックについてサウロが注釈したもの、2はサウロのオリジナルって感じです。


どちらも極めて優れた内容であり、共通した部分も多いので、できたら両方入手したい所です。


今日は1の方について紹介します。


サウロ・ヒベイロといえばホイラー・グレイシーの黒帯4段、グレイシー・ウマイタの特攻隊長として、ムンジアル4連覇および優勝1回、準優勝1回、ADCC優勝2回という、柔術史上最高クラスの成績を誇る偉大な選手ですが、サウロ自身は超人的な身体能力の持ち主ではありません。


もちろんパワーとかは凄いですよ。

特に最近のサウロは近くで見ると、身体の厚みが異常で、熊みたいです・・・。


柔軟性だって普通に凄いです。

練習動画とか見ると見事ですよね。

スピードだって若い頃はありました。


ただ、ここで言う超人的な身体能力というのはレオジーニョみたいな獣性の運動能力を持っていたりとか、ホジャーみたいに背が高くて手足も非常に長いとか、コブリンヤみたいに「???」というムーブしたりとか、そういう事ですね。

チャンピオンレベルの話で、という事ですね。


柔術魂6に金メダル獲得数ランキングみたいなページがありますよね。

そこで名が挙がっている他の選手と比べると、どう考えてもサウロの身体能力で何かそういう特筆した部分があるとは思えません。


サウロは自身の階級であるメイオペサードの中でも、かなり背が小さく、手足も短い方です。

それなのにメイオペサードはおろか、より重い階級に進出しても、あのような絢爛豪華な成績を修める事ができました。

前回のADCCでも、優勝したヴェウドゥムを最も苦しめましたよね。


そういう芸当が可能なのは、サウロの柔術スタイルが徹底した理詰めの物であり、無理な部分を極力排しているからだ、と僕は思います。


グレイシー直系というか、師匠のホイラー・グレイシーよりもむしろベーシックなグレイシーっぽいスタイルで、余計な事はしません。


しかし、どんなに単純なムーブも美しく、かつ大変な説得力を持っていて、そしてどんな局面でもあっという間に対応してしまうその対応力・・・。

それらの技術が身体能力ばかりに頼らず徹底したシミュレーションと戦略に基づいており、かつ気の遠くなるような回数の基本的なドリルで磨き上げられた物であろう事は、僕みたいなトーシロでも伺う事ができる程、完璧さを誇っています。


こういう人のスタイルって、僕みたいなパンピーでも参考にしやすいですよね。

だって無理ないムーブが多いですし、しかも局面毎に良く練られているので使いやすいですし・・・。

普遍的という事なんだと思います。

もちろんサウロレベルでやれって言われてもできませんけど。

(実際のサウロのスタイルは、それらプラス、なんだか良く分からないけどいつもドラマチックな試合になってしまうという、まるで巨人の長嶋のような華が最高にイカしてるんですけど、それはとりあえず置いときます。)


そしてそれらの利点は、このDVDの中でも一貫しており、多数の具体的な技術として紹介されています。


長くなると読みにくいと思うので、今回は2回に分けますね。

内容については、パート2で書きます。

中村K太郎選手の教則「和術慧舟會的裸絞」

柔術新聞

すっごい待ったんですけど・・・。


僕別にノーギとか全然やらないですけど、これは超欲しかったです。


僕K太郎選手のスパー何回も見た事ありますけど、技がとにかくスムースでキレイなんですよね・・・。

全然リキんでなくて。

表紙の裸締の形もすごいキレイですよね。

今日発売ですよね。

K太郎選手には次回のADCCで、是非ポポビッチとマッチョ決勝戦してもらいたいと思っているので、ここは是非購入して活動資金を援助したいところですね。


早く帰って本屋さん行きたいです。

2010ブラジレイロ レーヴィ級 ジョナサン・トレスvsルーカス・レプリ 

http://www.youtube.com/watch?v=BF0VSvLD3xA

早速動画が一つ来ました!

JTことジョナサン・トレスと、ルーカス・レプリの試合です。


いやあ、握力魔神“ザ・スパイダーマン”ことJTの下からの煽りがはんぱないですね・・・。

レプリは柔術家の中でも特に上でベース取るのが凄く上手な選手ですから、耐えてますけど、もし僕が相手だったら開始1秒でふっ飛ばされてますよこんなの。


JTはスパイダーというよりか、普通の片襟片袖の掴み方と、足のフックはデラヒーバガードを多用しながら、もう隙あらば即ぶっ倒す勢いですね。

引き手の力がすんごい強そうです・・・。


デラヒーバからのシザースイープも、物凄い切れ味ですよ。

シュバアッ!!!って感じです。


本当、形に持って行く力が凄いというか、仕掛ける時は絶対に相手を倒す、一技必倒の勢いというか気合が凄いです。


そして4分くらいから、レプリがJTのデラヒーバのグリップから足を上手く引き抜きます。

ナイスムーブなんですけど、むしろ足が自由になったからなのか、JTなぜかここから猛烈に揺さぶる事に成功して、結果レプリがベースを取れなくなってしまいます。


レプリがなんか半身になっちゃうんです。


良く見てみると、デラヒーバフックしてた足でレプリの脇をいじっているのも効いているんですが、なんというかレプリの肩を単純に掴んで引っ張っていて、これが物凄い引きっぽくて、レプリがベース取れなくなっているようです。


JTはそこからデラヒーバをセットアップし直して、そのまま襟を掴んで引き倒すようにして前にレプリをスイープ!

屈指のバランス感覚を持つレプリ、なんとか耐えて立とうとする所をJTが更に反対方向に引き倒す!!


レプリをこういう風に倒すなんて・・・。


いやあ、スイープって相手のバランスを崩してぶっ倒すもんなんですね。当たり前か・・・。

けどなんか改めて実感です。


今度はレプリが下になりますが、さすがレプリ、JTのクロスニーに合わせて速攻逆さガードです。

もうこのレベルになると、下の選手は隙あらば即逆さですね。


そして内回りに回っていきながらディープハーフのポジションをゲットし、そこからX気味に担いでヒザ十字の素晴らしい連携です!

こういうの普通にやってきますね・・・。

凄い手馴れてます。


そこからレプリが上を取り返しますが、JTも下になったら即なんかひねり倒すようなスイープ!!

SUGEEEE・・・・

このクラスの人達はスイープの際を付きまくりですねマジで。


でその後なんか見えなくなります。

この動画撮ってる人はJTの身内のようですが(ていうかロイド・アーヴィンご本人?)、じゃあちゃんと撮れよって感じですけど、まあ試合に没頭しちゃってるんでしょうね。なんかいつの間にかレプリが上を取り返してます。


上からのアタックもしっかり強いレプリ、猛攻を仕掛けます。

しかしまたもやいつの間にかJTが見えないステルススイープ!!

本当に見えません。


そしてJTがサイドを奪取!!

そしてステルスバック!!

バックの攻防の末、送り襟で1本!!!


レプリの1本負けって・・・、僕あんま記憶に無いかも。

どっかでありましたっけ。


レプリはカポエイラとかやってて身体能力も凄く、レプリのDVDとか見てると「ブラジル人のペナ以上はもう化物みたいなのがいる」みたいに柔術魂で吉岡選手が言ってたのを思い出して、「確かにブラジル人のレーヴィ、しかもチャンピオンとかになるともうとんでもないな・・・・」とか感想を持っていましたが、そのレプリを煽りまくって勝利のJT、素晴らしいですね。


ロイド・アーヴィンによると、JTはなんでも試合前にインターネットで「JTはレプリに11回くらい負けるだろ」とか書かれて怒り心頭であり、試合後の咆哮はそのアンチ(one of his hater on a forum って書いてます)に向けてのものだったとか・・・(笑)。


JTはレプリにノーギで2回、ギ有りで1回敗れているそうで、今回は前述のような事もあいまって、そうとう期するものがあったんでしょうね。

まだ20才ですか・・・。

すげーですね。



また今回のブラジレイロでは既報のとおり、ハファエルがコブリンヤを倒して優勝しましたね。

これでハファエルはADCCルール、アブダビ・プロルール、IBJJF柔術ルールの3つでコブリンヤを倒した事になりますね

何者なんですかね・・・。


そして先のアブダビ・プロで優勝したヒリオン・グレイシー所属のアレッシャンドリ・セコーニが、ブラジレイロでもアブソ男ベルナルド・ファリア等を倒して優勝です。

http://www.graciemag.com/en/2010/05/ceconi-rests-but-just-for-three-days/

こりゃあムンジアルのペサードでも目玉ですねー。

ペサードと言えばシャンジですね。

自身も「シャンジやホジャーとヤりたい」と言っています。

なんでも3日だけ休んで再びムンジアルに向けての追い込みをかけるそうです。


並み居る強豪がムンジアルに向けてエンジン掛けてきました!!!

2010ブラジレイロ速報、ハファエルがコブリンヤを敗る!!

ちょっととりあえず速報です。

先程終了したブラジレイロにおいて、ハファエル・メンデスがコブリンヤに4-2で勝利した模様です。

IBJJFルールにおいて、コブリンヤからの初勝利という事になりますね。


その他ムンジアルにおいて目玉になりそうな選手も多数出場です。

続報とかあったら後で書きます。


ガロ

1ブルーノ・マルファシーニ 決勝9-0

2フェリペ・コスタ


プルーマ

1ギリェルミ・メンデス

3ベウナウド・ピテウ


ペナ

1ハファエル・メンデス 決勝4-2

2コブリンヤ

3シセロ・コスタ


レーヴィ

1ドゥリーニョ 決勝4-4のアドバン3-1

2JT (ルーカス・レプリから1本勝ち)


メジオ

1ムリーロ・サンタナ 決勝戦は同門回避

2チアゴ・アウベス


メイオ

1ターシス・フンフェリー 決勝6-4

3エドゥアルド・テレス


ペサード

1アレッシャンドリ・セコーニ 決勝5-0

3ハファエル・ロバト

3ベルナルド・ファリア


アブソ

1ベルナルド・ファリア

2ハファエル・ロバト

3ターシス・フンフェリー

3ホドリゴ・カバカ


パブロ・ポポビッチ、遂にMMAデビュー

ポポ様ことパブロ・ポポビッチが、6月4日予定されている「Rock and Rumble3」という興行で遂にMMAデビューです!

柔術新聞

http://www.graciemag.com/en/2010/05/rafael-dias-and-yuri-villefort-join-popovitch-at-rock-and-rumble/


リーチはそんなになさそうですが、その他の能力ではどう考えてもMMAに向いてそうだったポポ様です。

楽しみですね!!


けどちょっと前のインタビューでは「柔術に全てを捧げているからMMAには興味無い」って言ってたような・・・。

まあADCC取って色々考えも変わったのでしょうね。

自信のチームではMMAファイターがたくさんいて、それ用の練習環境も整っているようなので、むしろ今までMMAやらなかった方が不自然だったとも言えるかもですしね。


そういえばブラウリオのMMAデビュー戦、大会自体がキャンセルになった模様です・・・。

テレレ、練習開始!

テレレが遂にスパーできるまで回復したそうです!

http://www.graciemag.com/en/2010/05/terere-back-training-in-rio-“i-want-to-look-ahead-win-a-worlds-before-retiring”/

http://www.graciemag.com/en/2010/05/terere’s-training-in-words-and-images/

柔術新聞

現在ブラジレイロ出場者の追い込み練習が佳境を迎えていて、殺気だっているアリアンシ・レブロイ道場ですが、この日ばかりはこのKORALに身を包んだこの男に注目が集まりっぱなしだったようです。


テレレの友人で黒帯のエラン・サンチアゴが「俺の人生の中でテレレに勝てるとしたら今日しかない!」と思ったらしく(笑)、勇んでスパーを申し込んだ所、見事ボコられたそうです。


調子良さそうですね!


写真はテレレへの黒帯授与者でもあるアレッシャンドリ・パイヴァとのスパーですが、パイヴァはとにかく「やり過ぎてはいけない、今日はリラックスしなさい」と指示していたそうです。

しかしテレレはこの日、午後4時から9時まで練習しっぱなしで、かなりノリノリのようです。


大会復帰を目指すテレレですが、

「最近のヤツらはめちゃ強えな。今すぐ復帰ってのはちとヤベーよ。師匠が止めてくれたんだ。良い時期が来たら、師匠が俺にそう伝えてくれるってさ。俺としては来年のムンジアルに出たいんだよ。」

「俺は柔術に随分エネルギーを費やしたけど、今度は柔術が俺に色々してくれている。だから俺は俺を助けてくれた柔術関係者全員に、そしてマスター・パイヴァとファビオ・グージェウにお礼を言いたい。彼らは俺が黄帯の頃からチャンスを与えてくれていたが、今また同じ事をしてくれているんだ。」


一時はあのヒカジーニョが匙を投げるまで精神状態が悪化したテレレですが、随分回復しているようです。

良かったですねー。


テレレの完全復活、とても楽しみですね!

柔術新聞

シャンジ、ムンジアルに参戦を表明

http://www.xande.tv/2010/05/04/mundial-worlds-brazilian-jiu-jitsu-2010-its-on/

今年はMMA1本を表明していたシャンジですが、一転ムンジアルへの参戦を決めました。

「今年はすげーMMAのプランを持ってたんだけど、俺の日本の団体がどうにもこうにもって感じで、他の交渉も上手くいかなかったんだよね。

練習はサイコーにバッチリなんだけどさ。コンディションはいいし、ボクシングもキレてきてるし。

だから今年はMMA1本でやってくって決めたんだけどさ、ビジネスが俺の思うように行かなかったんだよね。」

との事です。


ムンジアルでシャンジの活躍が見れるのはもちろん最高なんですけどね。

経緯が・・・。


誰かムハンマド皇太子かタハヌーン王子のメアド知りませんかね。

「日本のMMAを救って下さい!」ってメールするので・・・。

2010 アブダビ・プロ -65キロ決勝 ハファエル・メンデスvsギリェルミ・メンデス

いやあ、やっぱハファエルの試合はマジ面白いですね・・・。


柔術新聞

本当何回見てもいいですよ・・・。

しかも今回はギリェルミ付きという。

http://www.youtube.com/watch?v=3V63cI2nP7s


で、この試合どの程度ガチなの?って事ですが、ハファエルのインタビューによると

http://www.tatame.com/2010/04/17/Mendes–Abu-Dhabi-King-shines-again

「道場スパーみたいにやったんだ。けっこうキツイ戦いだったよ。僕たちは観客のために魅せる試合を心掛けたんだ。あんまりガチ度低いのってなんか気持ち悪いじゃん。だから戦おうって決めたんだ。」


なるほど、試合中はうっかり相手を殺しちゃいそうな勢いのハファエルですが、今回はそこまでいかなくとも、結構ガチ度高く行ってくれたみたいですね。



まずハファエルが下になって、お得意のデラヒーバ→外回りスイープを仕掛けてますね。

けどおそらくギリェルミは、このハファエルの攻めを1万回くらい経験してるんじゃないですかね。

すんごい手際良くベースを保っています。

もう切り方が体に染み付いているんでしょうね。あっという間にフック切ったり、体のベースを外側に移して座ったりして、手馴れたモンです。


しかしハファエルもギリェルミのこういう切り方を熟知しているのでしょう。ギリェルミが逆サイドに座ってベースを取った瞬間に内回りに切り替えて、潜るのに成功しています。

れにしてもこの切り替え、光速ですね・・・。

なんかボールがリバウンドするみたいに簡単に外→内に回転をチェンジしてます。


しかしここもギリェルミ、ハファエルが回転する方向と全く同じに自分もコンパス移動して、ハファエルに潜らせません。


そしてハファエルの回転が止まった所で、フックされた足を引き抜いて、ハファエルの足を末端で殺していきながら噛み付き気味にパス!


単純といえば単純な返し方ですけど、それだけ理に適いまくっているため、全てが効果的な防御になっていますね。

ハファエルのセットアップを知り尽くしているから、こんだけ淀みなくスパスパ動けるのでしょうね。

おかげでとても参考になります。


回転を切られたハファエルは、パスは防ぐも再びシッティング。

再びデラヒーバから外回り→内回りのスイッチングでギリェルミをゆさぶり、今度は結構深く潜る事に成功します。

腰を切りながらフックを外そうとするギリェルミに対して、ハファエルは潜ったまま振り子スイープを仕掛けますが、これまたギリェルミがあっという間に圧力をかけて止めます。

しかし粘るハファエルもスイープを仕掛け続け、しばらくバランス取り合いが続いた所で両者スタンドに!

この二人の試合は、局面が全て技で構成されているというか、なんとなく流れる場面が少ないので、面白いですねー。


再び下になったハファエル、なんとか潜ろうとして再びデラヒーバ。

そして今度は今までのような外掛け腕フックではなく、より強力な内掛け腕フックを狙ってねじ込もうとします!

それを察知したギリェルミ、足首付近のスペースを消しにかかります!

地味だけどシブイ攻防!


しかしハファエルが腕を入れる事に成功すると、その強力なフックをベースにデラヒーバ・バックのアタック!

そしてそのまま流れるようにオモプラッタ!!

これはSUGEEEEEE!!!!

この1分40秒辺りのハファエルの攻め、ゴイスーですよまじで。

ハファエルのDVD見ると、オモプラッタの取り方が凄まじいのですが、ここでも出ましたねー。

すごい取り方・・・・。


そしてそこから見事にギリェルミを返します!!

美しいですね・・・。


そして今度はギリェルミの下ですけど、ギリェルミ、回転するの上手いですね・・・。

そこまで深く潜らなくても、末端からスルスルっと内回りに入っていきます。

ハファエルの体を上手く押して、ハファエルが一瞬体を引いてベースを取ろうとした所を逃さず回転成功させます。


そこからのギリェルミのスイープ法がすごい・・・。

草刈りの裏バージョンとでも言うのでしょうか。

なんかハファエル以上にテクニカルな返し方です。

そしてハファエルの足をキープしながら、そこを基点にスイープ成功です。


なんか押さえる所、プレッシャー掛ける所が本当にツボを付いているというか、達人みたいです。

ハファエル以上に力が抜けてる感じで、ピンポイントでスイープしてきます。

おそろしいテクニシャンですね・・・。


しかし今度はギリェルミ上の場面で、クロスニー気味パスからおそらく逆サイドに飛ぼうとしたのをハファエルに読まれ、ハファエルの体の上に乗ってしまいます。

ハファエルそこをすかさず付いて、逆さまガード状態に入ります。

柔術新聞

そこからヒザ十字等の攻防になり、ギリェルミがなんとか逃れます。

そして4分40秒辺りから再びご注目下さい!!

ハファエルの回転をギリェルミが切り、ハファエルの足を抱えます。

この体勢は回転や潜りに失敗すると、よくなる体勢ですね。

しかしここからハファエル“ザ・オモプラッター”メンデス!!

炸裂してますねー。


こういうオモの取り方あると思うんですけど、

http://www.youtube.com/watch?v=HNWbAUNzevE

これの横バージョンというか・・・。

こんな取り方されたら怖くて足抱えられないですよ・・・。

何者なんですかねこの人。

このオモプラッタから見事にスイープを成功させたハファエルですが、下になったギリェルミが速攻でオモプラッタ返してきます!!

どういう兄弟なんでしょうかこの人達・・・。


そしてかなりガチの攻防の末、ハファエルが見事なステップを使って危機を逃れます!!

ハファエルって本当に足運びが美しいですよね。

時間を気にしながら、かなりマジで攻めるギリェルミですが、ここでタイムアップ!!

ハファエルが見事勝利を飾り、優勝です。

いやー、結構ガチで見応えありましたね!!


そして両者のテクがマジすごい・・・・。

最高に面白いです。


ハファエルはアブソにも出撃して、柔術界最強のアンコ型ビッグマックことルイス・フェリペ・テオドロを撃破して、カラザンスの援護射撃をしたとか。

柔術新聞

勢いが止まらないですね。

それとハファエルのATOS愛が凄いです。


タハヌーン王子に柔術教えたり、一緒にテニスしたりと、王族からの覚えもめでたいようでなによりですね。


ムンジアルでコブリンヤ倒せますかね!

柔術新聞