僕でもできる!TT式キャップ型腰殺しパス

先日のDEEPXでは、我らが回転王ことライアン・ホールが敗れてしまいましたね・・・。

まああれは山田選手が凄い強かったですね・・・。

50・50ガードも足間狙いで防いでいましたし、そもそもライアンをあまり回転させていませんでしたね。素晴らしいです。

それにしてもライアンは山田選手やNTT式「極めへの意識」を注意して無さ過ぎでした・・・。

すごく謙虚そうな人なので、この敗戦を糧にまた強くなるんじゃないでしょうか。


楽しみにしてましょう。



今日はTTパスの入り方で、僕でもできるヤツを紹介します。

足畳むと良いのは分かるんだけど、なかなか上手く畳めない、そんな人が多いのではないでしょうか。


相手も抵抗しますからね。


これから紹介する入り方は、相手の注意を逸らすのが大事です。

だまし絵みたいな感じで・・・。


入り方①

http://www.youtube.com/watch?v=fNRV24kVrZs

こういう感じで横に抜けるパスを仕掛けると、相手がガードに戻そうと足を伸ばしてくる事があります。そこを捉えて上から相手のガード足にフタをして、逆サイドに抜けるんです。


この時、最初のおとりパスとも言える横へのパスは、こんな感じであまり掴んだり相手をホ-ルドしたりせず、通り過ぎるような感じでやってみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=PYt3hO84z6g

横に抜ける感が大事です。

このパスは相手を焦らせて、ガード足をおびき出す事が目的ですからね。

あまりホールドするとハーフガードの攻防となってしまいますので、TTパスの形に持っていけません。


入り方②

http://www.youtube.com/watch?v=3EeC9PFaya8

最初クロスニーとかそういう風にパス行くと見せかけ、そのままの体勢で逆サイドに移動して、その間にこっそりと相手のガード足をキャップしてしまうんです。


この際、真横に移動すると上手く行かない事が多いです。


サウロ・ヒベイロのハーフガード・パス技術に、「相手をフラットにしてからパスしろ」というものがあります。ハーフガード防御時の、相手の横寝立ちを崩して、背中を付けさせてからでないと、決してパスに行ってはならないというものです。


ちなみにこういう作業をします。

http://www.youtube.com/watch?v=KiS-XMim0SA


このようにハーフから半円軌道を描くように横移動すると、相手が上手いことゴロンと転がってくれるんです。

ハファエルのこのTTパスも同じなんではないかと思い、そこを意識してゴロゴロと相手を転がしてみた所、上手くできました。

やってみて下さい。メイクサークルが肝要です。


足畳んだあとの足の組み替え方は、なんとも言いがたいので、たくさん見て真似してみて下さい。

要は逆サイドに飛べればよいのです。



番外編スタンド時のTTパス

http://www.youtube.com/watch?v=HdTSBu2F2VU

自分が立った状態、相手のガード内に自分の足がある時です。

良くある場面ですね。


この時も良く見ると、ハファエルは相手のガードをかすかに一方向へと誘導しています。

この動画だと向こう側ですね。ガード足があっち方向に揃ってますね。


その時ガード内にあった自分の足を引き抜いて、向かせた方向とは逆方向の地点に立たせて、そこを基点にして反転するんです

上手くいくとスパっと決まりますよ。


入り方①の補足

相手がガード足を伸ばしてこず、こういう感じでヒザを立て気味のままガードを取る事があります。

http://www.youtube.com/watch?v=RJtEhRuRHfY

まあこういう場合はつまり相手のお腹あたりのスペースが空いてる訳ですから、そのままエスグリマ・パス(脇さしパス)や噛みつき気味のパス、後そのまま横に抜けてパスしてしまうのもとても良いと思いますが、それ以外の方法で参考になりそうなバリエーションを紹介します。

その他の場面でも応用が利きそうなヤツです。


http://www.youtube.com/watch?v=RJtEhRuRHfY

相手の股が開いているのを良い事に、頭をくぐらせて逆サイドに行きます。


もしくはこのように、いわゆるレッグウィーブ・パスを仕掛けるのも良いと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=OI8i7cyALAU

このまま同じ方向へレッグウィーブ・パスしても良いですし、足畳めたのでここからTTパスにチャレンジしても良いと思います。



もちろんどの方法も、相手があんまり警戒していたり、こちらの目的が分かっちゃってると上手く行きません。

なるべくそ知らぬふりをして、「TTってナニ?」って顔しながら

試してみて下さい!



僕でもできる!TT式キャップ型腰殺しパス” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    TTパス解説
    とてもわかりやすいです。
    死ぬほど練習して、モノにしたいです。
    あと、話変わりますが柔術界では異端児のエディブラボー
    のラバーガードはどう思いますか?
    最近、教本を購入したのですが
    練習しようか悩んでいます。
    もう古いのかなぁ~と。
    ブスさん的にはどう思われますか?
    よかったら意見待ってます
    (>_<)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ルーラさん
    いつも読んでいただいてどうもありがとうございます。
    TTパス特集は実は結構自信作なので、読んでもらえると嬉しいです。
    このやり方だと結構やりやすいと思うんですよね。
    TTパス使えるようになると、上攻めのバリエーションと決定力が劇的に変わってくるので、是非取り入れてみて下さい。
    決まると一気にパスできるので、非常に破壊力高い攻撃方法だと思います。
    ラバーガードに関しては、クローズドからああいう攻め手が欲しいと思わなかったので、勉強しなかったのですが、おかげで色々な場面でエディー・ブラボーの技術に言及している時にチンプンカンプンです。
    だから知識としては持っておくと凄い特だと思います。
    練習するとなると、時間や労力を使いますので、クローズドであの展開が欲しいかどうか、自分の状態と照らし合わせてよく考えてみるのが良いのではないでしょうか!
    必要だと思ったら、迷わず取り入れるべきだと思います。
    そうでもないなと思ったら、技の名前と内容覚える程度にとどめておくのも良いのではないでしょうか。
    僕の柔術スタイル(笑)だと、正直あまり必要性を感じないのですが、現在ドライズデールの教則DVDでもそうですが、現在グラップリングやる上で、エディのテクニックが当たり前のように言及されてくる事が多いので、知っておくに越したことは無いのかな、とか思ってます。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >mojoさん
    確かに消えてますねー。
    どうもすみません。
    これは上のポジションから、ハーフ下の相手を弧を描くようにして、相手の体が空いてる方向とは反対方向にポジションを戻すのです。
    そうすると相手の体はフラットになり、背中が付くようになる、という訳です。
    相手がハーフ下で半身状態だと、防御力が高いので、背中を付けたフラット状態にしてから攻め込む、という思想ですね。
    分からない所あったらまた聞いて下さい!

コメントを残す