帯の意味2

ホーレス・グレイシーがギの練習をしていないラシャド・エヴァンスに黒帯を授けた事について、なぜかホイラー・グレイシーがインタビューされてました。

http://www.tatame.com/2010/01/20/Royler-analyzes-Gracies-return-to-the-UFC


「他人の黒帯授受に関して、僕が何を言えるっていうんだい?黒帯を巻く人間というのは、セルフディフェンスや柔術、グラウンド技術やパスガード技術について知っていなくてはならないよね。ただ強いだけじゃダメなんだ。なぜならそれだけでは柔術を表現している事にはならないからね。ラシャドはどんな帯でも巻ける。彼は生まれながらのファイターで、ハードにトレーニングして、ホーレスから黒帯を貰った・・・。僕の道場だったら、ギの練習は必ずしないといけない。けどそれについて何か議論するつもりはないよ。」


確かにホイラーの言うとおりというか、ホイラーにそんな事聞くなよって感じです・・・。


それにしてもホーレス・グレイシーは、まだUFCデビューもしていないのに、かなり色々な所で話題になってますね。

2010年大会初め ヨーロピアン選手権

もうすぐヨーロピアン柔術選手権ですね。


今年初めの、大きな柔術大会です。

ポルトガルのリスボンにおいて、現地時間の1月28日から31日まで行われるようです。


今の所、この大会に一番力入れてるのは、アトスアリアンシのようですね。

アトスはリーダーであるハモン・レモスがその意気込みをアツく語っています。

http://www.graciemag.com/en/2010/01/atos-leader-comments-on-importance-of-european-championship/


もう全選手動員して、その上MMAの試合があるアンドレ・ガウバォンまで引っ張り出そうとしているらしいです!

ヨーロッパにおいて柔術を広める事の重要性を力説して、「全ての柔術選手はヨーロピアン選手権にエントリーして、観衆にすごい試合を見せつけて欲しい」とまで語っています。


そしてアリアンシも世界中に支部を拡大する計画が進行中ですので、それに沿った選手の出し方をしていますね。

確かターシス・フンフェリーも最近ずっとクロアチアに滞在して、現地の支部を盛り上げているんですよね。

一応現在までの黒帯エントリーリストから、主な選手だけ書き出しておきますね。


~ガロ~

ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)

~プルーマ~

ギリェルミ・メンデス(アトス)

柳沢友也(ピュアブレッド大宮)

~ペナ~

ハファエルメンデス(アトス)

ウェリントンディアス(グレイシーウマイタ)

~レーヴィ~

ルーカスレプリ(アリアンシ)

マイケルランギ(アリアンシ)

ジョナサン・トレス(ロイドアーヴィン)

~メジオ~

ジウベルト“ドゥリーニョ”バーンズ(アトス)

グスタボ・カンポス(アトス)

マイク・ファウラー(ロイドアーヴィン)

~メイオペサード~

ターシス・フンフェリー(アリアンシ)

~ペサディシモ~

ホドリゴ・カヴァカ(チェックマット)

ヘイナウド・ヒベイロ(チェックマット)

有名所だけの抜粋ですが、アリアンシはペナ以外の階級全部に選手を送り込んでおり、その意気込みは並々ならぬものがあるようです。

御大ファビオ・グージェウ様もシニア1ペサード級でしっかり出場しています。


ペナはコブリンヤが出場予定でしたが、腰を悪くして今回はお休みのようです。

もしコブリンヤまで来てたら、アトスとの全面戦争状態でしたね。


いつもはレーヴィで出場するアトスのドゥリーニョが今回はメジオで出場です。

レーヴィの強力過ぎるアリアンシ勢を回避したかな?とか思っちゃいますけど関係ないかもです。

あとハモンのインタビューではハファエルと共にペナに送り込む予定だったブルーノ・フラザトの名前がありません。やはりアトス脱退なのでしょうか。

マスターの部でサウロ・ヒベイロが出場しないかと期待しましたが、どうもUSJJ勢はあまり出ていないようですね。

あと茶帯ペナで、チェックマットのアリ・ファリアスが出場です。

楽しみですね。

そしてあの超大物がまた出場するようです。

2008年ヨーロピアン選手権青帯シニア1ペナ級で見事優勝した、元サッカーフランス代表ビセンテ・リザラズ(BTT)が、紫帯シニア1レーヴィ級でエントリーしています。

紫帯に昇帯したんですね!

こういう有名人が柔術やったりして、ヨーロッパでももっともっと柔術が盛んになるといいですね!