柔術vsジョシュ・バーネット

最近やたらと柔術に参加しているジョシュ・バーネットですが、

また柔術の大会に参加したようです!


しかしこれには面白い経緯があったそうです。

下記サイトに載ってるのを大体の訳で。

http://www.graciemag.com/news/144/ARTICLE/16369/2009-11-16.html


「ある日ホムロ・バハウは自分の生徒達が集まってどこかに行こうとしているのを目にした。何をしているのか尋ねた所、『大会に行くんです。賞金出るっぽいですよ』

それを聞くや否やホミーニョもギをひっ掴んで、チームメイトと共に参加した。」

ホミーニョ・・・『会場に着くと、いきなりジョシュ・バーネットの姿が目に入ったんだ。マジうけるんだけど、彼はこの大会がノーギの大会だと思って来たんだよ。実際はギの大会だったのにね。けど彼はそれでもギを借りてきて、ギの大会に参加したんだ。これまた超ウケてたね。人気あったよ』

なんか冗談みたいな話しですが、本当のようです。

これが試合の動画です。


ジョシュ・バーネットvsオタービオ・ソウザ

ちなみにオタービオ・ソウザは、茶帯時代クロン・グレイシーと激戦を繰り広げた事でも知られる、グレイシー・バッハ期待の若手です。
http://www.youtube.com/watch?v=f9rk8SM8Rdo


ジョシュ・バーネットvsホムロ・バハウ
http://www.dailymotion.com/video/xb689u_josh-barnett-vs-romulo-barral_sport


これがまた柔術vsキャッチ・レスリングの組み合わせから想像されるとおりの、非常に面白く興味深い試合なので、是非見てみて下さい!


オタビーニョは普段メジオ級、ホミーニョは普段メイオペサード級なので、体格差やパワー差が凄い事になってますが・・・。



最後に試合を終えたホミーニョのコメントを紹介します。

結果知りたくない人は先に動画を見てくださいね!



『僕も50・50ガードとか出して頑張ったんだけど、彼はフットロック・ヒールフック・ニーバー、とにかく僕が今まで見た事ない種類の極めで攻めてきた。すごい勉強になったよ。はっきりいってかなり入っててヤバかったんだけど、僕はとにかく「僕は柔術を表現するためにここに来ているんだ」という事を必死で念じて、絶対タップしなかったよ!』