柔術vsジョシュ・バーネット

最近やたらと柔術に参加しているジョシュ・バーネットですが、

また柔術の大会に参加したようです!


しかしこれには面白い経緯があったそうです。

下記サイトに載ってるのを大体の訳で。

http://www.graciemag.com/news/144/ARTICLE/16369/2009-11-16.html


「ある日ホムロ・バハウは自分の生徒達が集まってどこかに行こうとしているのを目にした。何をしているのか尋ねた所、『大会に行くんです。賞金出るっぽいですよ』

それを聞くや否やホミーニョもギをひっ掴んで、チームメイトと共に参加した。」

ホミーニョ・・・『会場に着くと、いきなりジョシュ・バーネットの姿が目に入ったんだ。マジうけるんだけど、彼はこの大会がノーギの大会だと思って来たんだよ。実際はギの大会だったのにね。けど彼はそれでもギを借りてきて、ギの大会に参加したんだ。これまた超ウケてたね。人気あったよ』

なんか冗談みたいな話しですが、本当のようです。

これが試合の動画です。


ジョシュ・バーネットvsオタービオ・ソウザ

ちなみにオタービオ・ソウザは、茶帯時代クロン・グレイシーと激戦を繰り広げた事でも知られる、グレイシー・バッハ期待の若手です。
http://www.youtube.com/watch?v=f9rk8SM8Rdo


ジョシュ・バーネットvsホムロ・バハウ
http://www.dailymotion.com/video/xb689u_josh-barnett-vs-romulo-barral_sport


これがまた柔術vsキャッチ・レスリングの組み合わせから想像されるとおりの、非常に面白く興味深い試合なので、是非見てみて下さい!


オタビーニョは普段メジオ級、ホミーニョは普段メイオペサード級なので、体格差やパワー差が凄い事になってますが・・・。



最後に試合を終えたホミーニョのコメントを紹介します。

結果知りたくない人は先に動画を見てくださいね!



『僕も50・50ガードとか出して頑張ったんだけど、彼はフットロック・ヒールフック・ニーバー、とにかく僕が今まで見た事ない種類の極めで攻めてきた。すごい勉強になったよ。はっきりいってかなり入っててヤバかったんだけど、僕はとにかく「僕は柔術を表現するためにここに来ているんだ」という事を必死で念じて、絶対タップしなかったよ!』



柔術vsジョシュ・バーネット” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    これは興味深すぎるいい動画ですね
    柔術家から見たジョシュの技術をブスさんに解説してほしいです
    ジョシュの黒い柔術着が悪者っぽくてかっこいい!
    昔の空手映画のベストキッドの悪役チームみたいだw

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >パンさん
    僕足間接良く分からないんですよね。
    ホムロ・バハウとオタービオ・ソウザといえば、本当に強豪の柔術家ですから、そういう選手から隙を見つけてサブミッションの形に入るジョシュの技術や能力には、これは敬意を払わざるを得ませんね・・・・。
    ジョシュの柔術着はブレイク・ポイントと言って、最近発売されたファンキーでかっこよいギです。
    POP‘N’HARDって感じで、いい具合にジョシュの異質さやアメリカンな感じが合ってますよね。
    ジョシュこれ借りたんですかね・・・。
    買ったんでしょうか。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ジョショです。ブスさんどうも
    いい動画見させてもらいました。
    僕も足関節さっぱりなんですが
    この体重差でパスさせない
    むしろポジションじゃ上回られてますね
    すごいなー柔術

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ジョショ(17)さん
    これはどうもお久しぶりです!
    いや、僕はホムロ・バハウがここまで苦戦した事に衝撃を受けました。
    ホムロ・バハウは現在の柔術界で恐らくTOP3に入る選手で、普段から体重差をものともしない、大変な強豪です。
    多分ジョシュより重い選手を足フック1本で吹っ飛ばしたりしてるとんでもない選手なのですが、そのホミーニョが足痛めるくらいキャッチ入られるなんて普通ありえません・・・・。
    ホミーニョも言ってましたが、やはり柔術とは別体系で発達した技術、特に足間接取る技術をジョシュは本当に高いレベルで習得してるんだなと強く感じました。
    どっちが強いかとかでなく、柔術とキャッチレスリングのこういったハイレベルで実のある異文化交流を、これからも見続けたいです!

コメントを残す