初めてのムフフ・・・・ ハーフ・ガード編

こんちは!


今日は最近柔術やグラップリングをやり始めたばかりビックリマークという方達が良く感じると思われる悩み所キスマークについて、書いてみたいと思います。



始めたばかりの頃・・・。

ちゃんとした所だと、初心者同士のスパーというのはさせない所が多いですよね。

つまり、相手は上級者の人が、必然的に多くなるワケです。

うーん、まともなスパーになんかなるハズないですよね。


まともにやれば上なんて取れる訳無いですし、上取らせてもらってもガードに捕まって動けず、モゾモゾしている間に引っくり返されて、下になったらあっという間にパスされてポジション取られ放題極められ放題・・・。


良く分かりますドキドキ


最初の頃は仕方ないと言えば仕方ないんですけど、そこは思考を一歩進めて、なんとか先輩方に一矢報いる事はできないか・・・・。



かのサウロ・ヒベイロも、白帯の目標は「サバイバル」だと言っていますね。


結果やられちゃっても、それなりの対策・アイデアを持っているのと持っていないのでは、その後の柔術への取り組み方も含めて、だいぶ変わってくると思うんです。


それに家で仕込んだ技術やアイデアを実際スパー等で使ってみる事って、柔術やグラップリングの楽しいところでもありますからね。

早速考えてみましょう。



まず、下になった場合の対策を練りましょう。

普通にいけば、下になる確率の方が高いですからね。

下になって、かっこよく三角締めしたりとか・・・。


ただ、クローズド・ガードに相手を入れるのって、プロの選手は事もなげにやってますが、実際やってみるとドクロ難しいドクロですよね!!

特に相手が上級者とかだと、かなりキツイです。

そこで今回は、ハーフ・ガードからのサバイバルを考えてみたいと思います。

ハーフ状態は、良くあると思うんです。



まず大雑把に言って、ハーフガードには以下の2種類の状態がある事を頭に入れて下さい。

①自分のヒザ等が相手との間に入って、スペースがある状態。

http://www.youtube.com/watch?v=mYOPoakCumg

②自分のヒザが完全に死んでて、背中をべったり着けられている状態。

http://www.youtube.com/watch?v=foJW1LQw9Q0

②の状態は、非常に厳しいです。トッププロだって、ここからリカバリーするのは苦労します。

だから①の状態で、相手の侵入を防ぐ事が大事なのです。



そして①のガードを良く分析してみましょう。

ハーフガードの基本が詰まっています。

つまり、

1、相手の肩口と腕の2箇所(肩だけ、腕だけでなく、肩と腕の2箇所がポイントです)を押さえて、進入を防ぐ。

2、相手と自分の間にヒザを入れる。


この両方の動作です。非常に大事な要素でハーフガード防御の生命線とも言えるムーブなので、必ず意識するようにし、この状態を死守しましょう!



特に2、の動作、ヒザを入れる時は、相手の胸の辺りへ、もっと言うと自分の足の甲で相手の脇を制する意識でやると上手くいきます。①の動画でもやってますね。自分がやられるととっても嫌ですドキドキ


更に①の動画を良く見ると、相手の抜き足を、左手で掴んでますね

こういうガード法です。

http://www.youtube.com/watch?v=jaauZf5YbOU

1、2を守ってガードしてても、どうも足抜かれてパスされちゃうという時に試してみて下さい。


よろしいでしょうか、ヒザ入れと肩押しが超重要ムーブなんです。


ここからは、肩押しついでにキムラを匂わせると、相手が嫌がって効果的です。

http://www.youtube.com/watch?v=zMe55C0FBiY

ここではスイープまで行ってますが、キムラで脅してクローズドガードに戻すだけでも成功です。

スイープとかやってみたいのは重々分かりますが、始めのうちは、フルガードに戻すことを熱心にやってみて下さい。クローズドからの方が技がやりやすいので、打ち込みで鍛えた三角締めとか腕十字とかを試しやすいからです。

クローズドに戻すのは、ガードの基本です。

もちろんイケそうだったらスイープも狙ってみて下さいね。





具体的なハーフガードの防御法とともに、もう一つ初心者の人が分かりにくい重要な要素があります。

それは、距離感です。

打撃だけでなく、寝技でも距離感って重要なんです。



下になる場面を想像してみると、自分と相手の距離が空いてる場面ってありますよね。

猪木アリ状態というか・・・。

一回相手が離れると、こうなりますよね。

こういう場面で、慣れていない人だと相手の侵入を防ぎたい一心で、寝たまま足を伸ばして、相手を押し返そうとしてしまいがちです。

蹴り出すムーブは、場合によっては効果的なんですが、むやみやたらに足を伸ばすと、その足を引っ張られてパスされてしまいます叫び

http://www.youtube.com/watch?v=oEQZ0OtZJDA

この動画のパスみたいに、十分気をつけてても足を引っ張ってパスされてしまうのは良くあるので、要注意なんです。



だから相手が離れていたら、はやる心を抑えて、足を伸ばしすぎず、上げすぎず、なるべく相手が自分のガード距離に入ってくるまで待って下さい。

座り込める距離があったら、座っちゃって下さい!

これはシッティング・ガードと言います。マルセロ・ガウッシアの得意技ですね。



相手との距離に応じて、蹴り出す足を上げすぎず・伸ばしすぎず待つ座り込むケースをきっちり使い分けるようにしてみて下さい!!

慣れるまで難しいですけど、これだけでだいぶ違います。



ここで参考動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=PoJDduSsTAA

腕枕なんかしちゃってますが、きっちりヒザを入れててしかも相手の脇をイジってますね。

そして注目は、相手と距離を取った時はサっとシッティングガードで相手がガードの距離に入ってきたらガっと引きむ切り替えの早さです。

http://www.youtube.com/watch?v=RJtEhRuRHfY

ヒザ入れ、肩押しは同じですが、相手の頭を抱えたり腕引っ張ったりして、相手の体を引きつけている所がポイントです。


慣れていないと、おっかなさが先行してしまい、どうしても相手を突き放す方向にばかり行きがちですが、要は相手の動きを封じれば良いのでこのように相手を引き付けて、自分のヒザ等とプレスして動きを止めちゃうのも良い揺さぶり方です。

是非参考にしてみて下さい!



いかがでしたでしょうかはてなマーク

今回は記事のきっかけとなった質問を下さった方が、グラップリングの対策を希望されていたので、グラップリング中心の動画等でしたが、ギ有りでも多少バリエーションが増えるくらいで、基本同じだと思います.

ギ有りの場面でも良かったら参考にしてみて下さい。



ポイントはざっとこんな所ですが、いざ実際やってみると何だかグチャグチャになってしまう、なんて事も良くあるでしょう。

けど、それは世界のトップでも同じ事です。


http://www.youtube.com/watch?v=SohHK4Jlnzs

レオジーニョvsハニ・ヤヒーラという、トップ中のトップのムーブですが、お互い必死なのでグチャグチャドキドキしてます。足も抜いたり抜かれたりって感じですね。

けどそういう中でも、上記のようなポイントは押さえていますよね。

なんか不恰好でも、キレイに上手に行かなくても、つい忘れちゃっても(笑)、そんな事は初めのうちは当たり前ですから、徐々にこういうポイントを、ムーブの中で出せるようにしてみて下さい!

頑張って下さいね!

アナルガードと50/50ガードとVAN HALEN

アナルガード、更に続報ですドキドキ


なんとまだ別称があるようです。

その名も「inverted DLR guard」、逆さまDLRガード」という意味ですね。

知らない人には訳分からないかも知れませんが、DLRというのは多分VAN HALENという世界的に有名なロックバンドに在籍していたヴォーカリスト、デヴィッド・リー・ロスの事で良いと思います。

この人の有名なパフォーマンス中に、こういうポーズするアクションがあります。
ブスさんのブログ-デヴィッド・リー・ロス

なるほど、これを逆さまにすればまさにアナルガード!!!!!!

このVAN HALENのライブ動画ですが、冒頭からこれをかましてます。

かっこいいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=eMyJAcHlCGc&feature=related


それにしても誰がこんなアホな名前付けたんだって感じですが・・・・。

まさか柔術やっててデヴィッド・リー・ロスの名前を聞くとは思いませんでしたビックリマーク


ロックギターの技術で、タッピングという技法があります。

ギターというのは通常、左手でネック上の弦を押さえて、それを右手に持ったピックではじいて音を出すのですが、このタッピングというテクは、ギターのネック上を指で押して音階を奏でるという、それまでに無い革命的なものでした。

ちなみにこういう奏法です。かっちょいいですねー。

http://www.youtube.com/watch?v=ULEBSxP725w

この動画のエディ・ヴァン・ヘイレンという人が開発し、世に広めました。

ちなみに前述したVAN HALENのギタリストです。

今や世界中で普通に使われ、ロック・ギターのテクニックとして一般的になっています。

このタッピングが衝撃を与えていた頃、この技術は誰が開発したか?という事が盛んに語られました。

このような形で体系化し、一般化したのは上記のエディ・ヴァン・ヘイレンで間違い無いが、もっと昔に同じような弾き方してる人が居たとか、色々言われた訳です。

他にも「音色が貧弱で、ギター本来の魅力を損ねた小手先の技術」だとか・・・。



まあそういうのは好みで色々あると思うんですが、現在のロックギター奏法において、もはや誰もが知ってる技術となった事を踏まえると、やはり非常に大きな価値・魅力あるものだったという事が言えるのではないでしょうか。



今の柔術界で最もナウい技術と言えば、ご存知50/50ガードですよね。

久々に登場した新技術なだけに、色々言われてますね。

膠着を誘発するとか・・・。



正直僕も、ハファエルがギ有りで使ってるのを見た時は「対コブリンヤ用のハメ技だな」とか思ってましたが、先頃のADCCでのvsコブリンヤにおいて使用された進化形を見るに及んで、そういう認識は全く無くなりました。



みなさんも同じではないでしょうか・・・。

これは膠着技とかではなく、むしろスパイラルガードやデラヒーバガードに続く、回って潜る系第3弾のバリエーションなのではとの印象を受けましたね。

まさかあの体勢から潜ってグルグル回るとは・・・。
中国雑技団じゃん・・・。


ノーギであれをやると足間喰らうとか言われてましたが、相手が足間のセットアップをする前に、回転等してて、足間する暇を与えていませんでしたね。


もしやられても、場外までゴロンゴロン転がれば大丈夫ドキドキ

みたいな・・・。


まあベルあそこまでスーパーなヴァージョンベルではなくとも、既に使い手が身の回りレベルであちこちに現れているようですのでこの技に対してたとえ良い感情を持っていなかったり、新しい流行を追うのが面倒という人も、50/50ガードは最早一般的になりつつあると考えて、対策等含めて一応少し練習しとくのはいいかも、とか思います。



ちなみにこのブログではやたら最新系音譜の技を追っていて、ミーハー丸出し、まるでこういう時代の最先端を常に追っていなければならないとか主張してると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんな事ありません。

現在必要な技術というのは、人によって違います。

その時その時に必要だなと思う物を吸収していけば、それで良いと思います。

それに僕は基本的に、自分ができない技は嫌いですビックリマークビックリマーク


ミーハーは合ってますけどね・・・。

流行を追うのはそれなりに楽しいですし、自分の柔術にも少しは役立っている気もしますラブラブ

まあ趣味ですね。



50/50ガードの有用性は分かりましたが、誰がこういう使い方をし始めたのか、という話を少し。


ハファエルとブルーノ・フラザトが共同開発者みたいな感じだそうですが、あそこまで体系化されたものではなくても、似たような形の攻防は、昔の試合でも時々ありますよね。

そのうちの一つとして、2007年ムンジアル中のこんな試合を何となく思い出しました。

http://www.youtube.com/watch?v=Rjsv8bbtG8M


これ、50/50ガードですよね・・・。

しかもかなり意識的に使ってる気が。

さらに相手はコブリンヤ・・・・。

これ使ってる人はTanquinhoのニックネームを持つアウグスト・メンデス(Augusto Mendes)という選手です。

そんなに詳しく知っている訳ではありませんが、色々な大会で見かける、ベースがとてもしっかりした強い選手です。

今年のリオ・オープンではブルーノ・フラザトを抑えて優勝したそうです。



けどそんな最新系を駆使する選手だったですかね・・・。

メンデス姓ですけど、関係無いですよね・・・。メンデスの親戚はチコ・メンデスですよね確か・・・。

僕がこういう情報とかに疎いのもありますが、謎ですね。

柔術とVAN HALENの縁は、もっと謎ですね・・・。

僕が無理矢理くっつけたので当たり前ですがドキドキ

アナルガード続報

このブログでも大人気(???)のアナルガードドキドキですが、

やはり先に名前が付いていたようです!!

「Inverted Guard」つまり逆さまガードと言うそうです!!

そういえば聞いた事あるような無いような・・・。

実は動画の検索とかするようになったのは結構最近なので(今でもあまりしませんが・・・)、こういうの疎いんですよね・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=DVyS1oDWJ-A

どっちを使うかはみなさんの自由ですドキドキ