ADCC2009を100倍楽しく見る方法  ジェフ・グローバー編

ミスター回転兄ちゃんことジェフ・グローバーです!!


北米系というか、あのとかげグルグルグニャグニャ回転系スタイルとかげを流行らせた張本人、最高にファンキーなアメリカンですね。


これを見て下さいビックリマーク

http://www.youtube.com/watch?v=aN3erHKqZ6Y

ぐるぐる回るのはもちろんの事、技のタイミングやエスケープの方向が、通常の柔術家と明らかに違います。

ギ有りの柔術でここまで好き勝手にやるとは・・・。

ところてんみたいなスタイルです。


アメリカのグラップリング界では、ビル・クーパーと並んで最高に人気がある選手です。

とにかく見てて楽しい、常にチャレンジする事を恐れない、素晴らしいファイト・スタイルの持ち主ですね。

所属はパラゴン柔術というところで、これはホメロ・ジャカレイの黒帯であるフランジーニャ・ミラーという人が主宰の道場です。だから大きな区分でいうとアリアンシ所属になります。


まだ黒帯になって日が浅く、しかもあまりホールドするという概念がない人なので、柔術黒帯としての実績はトップクラスとはいえませんが、裸のグラップリングでの実績は凄まじいものがあり、グラップラーズ・クエスト優勝20回以上、2008年ノーギのムンジアルとも言うべき「No-Gi Worlds」でも、決勝でコブリンヤに敗れはしたものの、準優勝でした。

http://www.youtube.com/watch?v=iJrItzYhJAI

ジェフの練習映像です。

流れるような、素晴らしい動きですね・・・。

そしていわゆる首系のサブミッションを流行らせた一人でもありますので、どっからでもアナコンダチョークというかアーム・トライアングルを狙う姿勢が目立ちますね。

http://www.youtube.com/watch?v=LoTJGLsk8ig

YEEEAHHHHHH!!!!

いきなり跳び首というか、フライング・チョーク!!!!!

しかもけっこう入ってる!!!!

その後足抜くのに苦労しますが、超高速でバックとるやチョーク一閃!!!

腕だけじゃなく足も相手の首付近に掛けているのがファンキーですね。

試合後超いい人なのもポイント高いです。


そう、ジェフ・グローバーの魅力は、どんなに名声が高まっても、本人自体は徹頭徹尾グラップリング好きの兄チャンって感じの所なんです!

http://www.youtube.com/watch?v=LY5wZCTM3IE

これはジェフ・グローバーがグレイシーバッハ・アメリカに出稽古というよりはなんか遊びに行ったって感じですが、とにかく練習した際の映像です。

ジェフ自身も考えてみればキャリア10年の柔術黒帯ですから、十分凄いハズなのに、それを微塵も感じさせない徹底した年下目線というか、年下属性が凄いですね。

マーシオ・フェイトーザの素晴らしい技術を目の当たりにして、目をキラキラさせてハシャいでますね。


けどそんなジェフも、先ほど述べたようにグラップリングでは大変な強豪です。

ADCC2007でも、レオジーニョをキリキリ舞させて、新世代テクの有効性を満天下に知らしめました。

http://www.youtube.com/watch?v=4T2ILDhP-rE

いきなりレオ様のオマタを手裏剣一回転です手裏剣

回ってもポイント入りませんが、そんな事はおかまいなしです。

例のどっからでも仕掛けるアーム・トライアングルで、レオ様からあわやというキャッチも取ってます。


さっきも言ったように、ジェフはポイントやポジションを大事にして勝とうというタイプではないので、ADCCみたいに超シビアな大会だとなかなか厳しいと思うのですが、頑張って欲しいですね。