ADCC2009 総括

アブソルートを見てないで総括もへったくれもありませんが!


今度見ておくので、どうもすみません。

ていうか今日見ようと思ったんですけど、なんか見れないですよ。

メラメラ本当に素晴らしいPPVですよねメラメラ



今大会は何と言うか、ショックが大きかったですね・・・・。

ホイラーが敗れ、ヘンゾとシャオリンがガウッシアにあっけなくやられた2003年大会みたいかもしれません。

サウロ・ヒベイロが現役なのかADCC限定でなのかちゃんと聞き取れませんでしたが、引退を表明。

ハニがコブリンヤに腕を折られ(折れたかどうかは分かりませんが)、レオジーニョがハファエルに絞められて1本負け・・・、階級別は絶対無敵だったはずのガウッシアがポポビッチにパスされて敗北・・・・。

完全に心が折れましたね。

-66決勝の、新時代到来を告げるハファエルの素晴らしいムーブで、またテンションあがりましたけど、

アブソルートを見る気力は残ってませんでした・・・・。



技術的な事から今大会を見てみると、このブログでもお馴染みの「回って潜る」回転系のムーブは、流行とか派手とかそういうのを超えて、もはや必須技術になってきているという印象を受けました。


回転系を使える選手とそうでない選手とでは、パスガード防御率がかなり違うのではないかと思います。

回って潜る回転系は、スイープ技術として知られていますが、もう一つ「アナルガードドキドキという顔も持っています。

正式名称が無いので、それが決まるまで僕が勝手に付けた名称です。

変態と思われてしまいますので、外では使わないで下さい!


こういうやつですね。

http://www.youtube.com/watch?v=-MJ3SElpOk8

今大会では各試合で頻繁に見られた体勢ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=MSo61jXfkD4

相手選手がアナルを目の前にして困惑しているのが良く分かると思います。

逃げちゃいましたね。


パスガードというのは、相手のガード足を超えて、サイドなりマウントなり、相手の上半身を押さえつける所までの一連の作業を指します。

しかし動画を見ていただくと分かるように、

この体勢だと、足を超えようにもすぐボディです。

超えるスペースがありません。そして押さえつけなければならないボディは、両足にしっかりガードされている状態です。つまりガード下で普通に背中付けたり半身になるよりも、パスすべきスペースが非常に少なく、結果パスしづらい&できないという状態な訳です。


そしてこのガードのわき腹、サイドボディを突こうとすると、くるっと回って正対アナルガードに戻したり、そのままスイープしたりするんですね。今大会のレオジーニョvsライアン・ホールなんかは、まさにそのサイド回り込みvs正対アナルガード戻しのすさまじいイタチごっこでしたよね。

やっかいこの上ないガード形態と言えましょう。


吉岡大選手もこのガードが得意ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=YKOuJDXuH9o

ご覧のように、ハーフガードからの最終形態として、アナルガードを取っていますね。

もちろん何でも使いようで、サウロ・ヒベイロのように、こういう技術を使わなくても鉄壁のガードを誇る選手も居ますが、今大会で非常に目立ったので取り上げました。

レオジーニョもガウッシアもサウロ・ヒベイロもそうですが、今までガードが凄い強かった人って、基本的にフックを中心にしてましたよね。その技術はまだまだもちろん有効ですし、アナルガードも今大会で初めて広まったとかそういう訳ではありませんが、なにせ舞台が舞台ですし、また新世代の使い手、特にハファエルとコブリンヤがレオやハニを破り、それらの技術を当たり前のように連発させて凄まじい決勝戦を行った事もありましたので、新しい潮流の台頭をはっきり感じさせる今大会だったと思います。



そしてその流れは、サウロ・ヒベイロという偉大なる柔術家の引退という出来事からも印象づけられたように思えます。

サウロは今回99キロ超級へのエントリーでした。巷では「階級を超えた挑戦」という賞賛の声も聞かれました。

この人はムンジアルを王冠14階級制覇王冠1していますので、もちろんそういう意味合いもあった思うんですけど、2005年大会ではシャンジが育ってくると共に、それまで欠かさず出場していた無差別級の枠をシャンジに譲り、2007年大会ではハファエル・ロバト・Jrの成長を確認したからか、自身の適正階級である-88キロ枠をロバトに譲り、-77キロで出場、その際減量に苦労したからかスタミナがすぐ切れてしまったので、今回の99キロ超級に出場した、という要素もあるのではないかと勝手に思ってます。

サウロ自身はもうタイトル取りまくっているので、先のある選手に活躍の場を譲ったという訳ですね。

サウロ自身のインタビューとかがないと分からない事ですけどね・・・。


まあ僕の妄想という事で。けど根拠が無い訳ではありませんよ。

サウロは常に柔術界全体の事を考えてますし、何よりもその振る舞いがいつも最高にかっこいいからです。


今回も2007年ムンジアルでシャンジ共々敗れているホミーニョを撃破し、優勝したヴェウドゥムをおそらく一番手こずらせたのでは無いかという程、いつまでも不変の、基本技術の超絶的な高さをを存分に発揮しました。

最終戦での柔術着姿は、かっこいいとしか言いようがありませんでしたよね・・・。


いつまでも最高にかっこいいサウロ・ヒベイロ、今までたくさんの事を教えて頂いてどうもありがとうございました。これからもたくさん教わると思いますので、あらためて宜しくお願いします。


機会があったら近々是非サウロ特集してみたいです!お楽しみにドキドキ

ADCC速報 決勝戦

王冠1決勝戦王冠1


王冠2ファブリシオ・ヴェウドゥムvsロベルト・アブラウ

アブラウ健闘するも、段々ファブリシオが圧倒。9-0でファブリシオが優勝。


王冠2シャンジ・ヒベイロvsジェラルド・リナルディ

非常にスローな展開。いつものシャンジ。勝利のためなら膠着も全く気にしない。

2-0でシャンジ優勝。


アンドレ・ガウバォンvs王冠2ブラウリオ・エスティマ

解説にホミーニョとか来る。退屈な試合について聞かれる。誰かの試合へのあてつけか。

エスティマが三角でとらえて1本勝ち。

ガウバォン、終盤失速というか、力負けするシーンが今回多かった気がします。

サウロとは逆に、階級差を感じさせた今大会でした。

と言っても激強でしたが・・・。


王冠2パブロ・ポポビッチvsマルセロ・ガウッシア

王国崩れる!!!ポポ様ついに戴冠!!!!

ガウッシアのスイープを喰らって劣勢のポポ様、最後の最後でパス成功!!!

そのまま3-2で勝利!!!

ガウッシアのガード能力は化物級ですが、いくらなんでもポポビッチにトライさせた回数が多過ぎでした。

乾坤一擲の攻撃が、通ってしまったという感じです。

ただ今回はガウッシア、ポポビッチを以前までのようにう面白いようにコントロールしたりとか、そういうのが出来ていませんでした。今回もパス喰らってなくても、ポイント判定勝利が濃厚な感じでしたし・・・。

神通力が少し褪せた感じです。

今回はそんなのばっかり・・・。

気持ちの準備が・・・・。


王冠2ハファエル・メンデスvsフーベンス・シャーレス

凄まじいテクニックの応酬!!

ハファエルの下の技術が完全に次元が違う!!!

レオやガウッシアの技術が古く見えてしまいました・・・・。

決勝まで温存していたのか、改良版の50・50を披露!!

足間接が取れない!!

足をデラヒーバ・ガードのように相手の後ろ足に通して、

裏デラみたいな感じ!!

裏デラ!!裏デラ!!!

そこから回る回る!!しかも単純な回転でなく、全部複雑に足をキャッチしたまま、スイープ&足間接のプレッシャーをガンガンに掛けてます。

コブリンヤも超強力に回転し返します。ものすごいパワフルな回転です。スイープ合戦!!


しかしメンデスのあまりに複雑な仕掛けに、徐々に受けに回っていきます。

延長はスタンド勝負で、コブリンヤ優勢に見えましたが、再延長で再びグラウンド戦になると、ハファエルまた超複雑な回転からついにコブリンヤのバックを奪取!!完全なバック・ポジションに!!

そこからキツくチョークを狙い続けて、そのままタイム・アウト!!!

ハファエル戴冠!!!

四次元の戦い!!!

今度もう一回見ます。



ADCC速報 3位決定戦

3位決定戦


サウロ・ヒベイロvs○ジェフ・モンソン

サウロ、真新しいユニバーシティ・オブ・ジウジツ着を着用。神々しい。

サウロ下、モンソン上の攻防。サウロ、決してパスを許さず。

サイドバックに回られても上手くローリングしてエスケープ。

ハーフ下では鉄壁の防御。モンソン攻め込めず。

スタンドでも全く互角。両者激戦の疲労でスタミナが無くなる。この辺りから嫌な予感。

再延長の末、試合終了。レフェリー判定でモンソン。

サウロがマイクを要求。

引退を表明。


ヴィニシウス・マガリャエスvsグローバー・ティシエラ

スパッツ着用のヴィニー。素晴らしい技術でテイシェラを攻め立てる。

十字で1本勝ち。


デヴィッド・アヴェランvsハファエル・ロバト・Jr

足間接で1本勝ち。ロバトは負傷してたかも。


グレゴー・グレイシーvs中村K太郎

K太郎選手、バック取りかけるも、グレゴーが必死にエスケープ。

グレゴー下でもプレッシャーが凄く、上になるとパスを積み重ねる。やはり強い。

10-0でグレゴー勝利。K太郎選手お疲れ様でした。強豪を倒してのBEST4入りは凄い。


ライアン・ホールvsジェフ・グローバー

ハニ負傷、レオもなんかで不出場で、両者繰り上がりの3位決定戦。

寂し過ぎる・・・・。

もっと僕がテンション高い時に実現していれば・・・。後でDVDで見直すか・・・。

ライアン上で下がジェフでぐるぐる対決。ジェフ、ついにパフォーマンス目的の回転を披露。

ライアンも上で回転基調の、片足を軸にした見事なパスを見せる。

二人グラップラーズ・クエスト状態。

ライアン勝利。すごく面白い試合。

ADCC速報 準決勝

ファブリシオ・ヴェウドゥム vs サウロ・ヒベイロ

ファブリシオはサウロのハーフを崩せず。以降スタンド合戦へ。

柔術界屈指の柔道技を持つサウロの伝家の宝刀、一本背負いを警戒して、ファブリシオ攻め込まず。

延長2回の末、疲れが見えるサウロをヴェウドゥムが捕らえ始める。

ポイントにならないTDを2~3回決めて、レフェリー判定でファブリシオ勝利。

試合後ファブリシオは自身の応援団にサウロ・コールを要求

会場サウロへ大拍手。


ジェフ・モンソン vs ○ロベルト・アブラウ

重量級なのに、スパイラル等の柔らかいムーブもこなすアブラウ、TDも強力。

モンソンの上を凌いで、TDから転がしてポジショニングを支配。

再延長の末、アブラウがポイント勝利。


シャンジ・ヒベイロ vsヴィニシウス・マガリャエス

4-0でシャンジが判定勝利。


ジェラルド・リナルディ vs グローバー・ティシエラ

5-0でリナルディが判定勝利。


アンドレ・ガウバォンvsデヴィッド・アヴェラン

ガウバォンが5-0で判定勝利。


ブラウリオ・エスティマ vs ハファエル・ロバトJr

足間接でブラウリオ1本勝ち。


マルセロ・ガウッシア vs 中村K太郎

ガウッシアが強力にポジションを取り続けて、ノースサウスチョークから1本勝ち。


パブロ・ポポビッチ vs グレゴー・グレイシー

ポポビッチが3-0で判定勝利。


フーベンス・シャーレスvsハニ・ヤヒーラ

コブリンヤが良いポジションを取って、強力に固める。

体の力が違う感じ。非常にパワフル。

一気にアメリカーナ取ってコブリンヤ1本勝ち。

信じられない。


ハファエル・メンデスvsレオナルド・ヴィエイラ

予想通りガチガチに仕掛けるメンデス。下を選択。

レオジーニョが攻め立てる。凄い攻防。

しかし隙を見つけてハファエルが狙う展開になる。

レオジーニョ良く凌ぐも、ハファエルの攻勢が目立つ。

ハファエルの動きの鋭さがヤバイ。刃物のよう。

度々バックを取りかける。

そしてアナコンダチョークでレオジーニョをキャッチ!!

かなり長時間抜けれなかったが、なんとかレオが脱出。

その後互角の攻防。

スタンドはレオが上回るも、ハファエルのバック取るプレッシャーが凄い。

全ての動きがバック取りに結びついている。

延長の末、もはやスタミナが無くなったレオジーニョのバックをハファエルが奪取。

ものすごいフックのバックポジションからマタレオンを極めて、ハファエルが師匠越え達成。

有り得ない・・・。

ADCC速報 ー66キロ級・2回戦

2回戦


ハニ・ヤヒーラ vs ジェフ・グローバー

少しストロングスタイルになったジェフ、ハニからマウントを取り掛けたり、パワフルな攻めを見せる。

ハニに押さえつけられるも、潜ってガードの攻防から回転でスイープを奪取!!ジェフかっこいい!!

足間接も決める!結構入っててハニも嫌な顔。

けど後半はハニのパス攻勢にたじたじ。ハニがハーフから逆サイドに飛ぶお得意のパスで攻め立てる。

パスを積み重ねて、多分7-0でハニ判定勝利。


フーベンス・シャーレス vs ジョエル・チューダー

コブリンヤ、超高速スパイラルを見せたり、もはやブラックホール状態。

下にしたら終了。バックからチョークで1本勝ち。

ジョエルは1回戦突破は立派。


レオナルド・ヴィエイラvsライアン・ホール

2回戦で回転体と当たるのはもはや宿命?前大会のvsジェフに引き続き、今回はライアン”ザ・ローリング・サンダー”ホールがお相手。

ライアン本気出す。回転数にノルマでもあるのか?もう試合に関係無く回転。

もはやストップボタンが壊れた扇風機状態。回転でレオに催眠術を仕掛けてる?何回も言うがライアン自身は目が回らないのか?

レオはいつものように徹底して潰し切る事で対応。

ライアン、アナルガード連発。レオもアナルを塞ぐようにクンニパスで応戦。

ライアン、一方向へ連続して回転という、びっくりどっきり新技を見せる。

レオもフラフープを追う子供のように後に続く。何の競技だこれは。

後半運動量が全く落ちないレオが千手観音のような攻め手でライアンを圧倒し出す。

ライアン目が回ったか?回転がやや鈍る。

そこをレオが突いてパス成功!!!最強の攻撃力!!

残り時間少なくなり、立ちからバックを奪う。ライアン返すもがぶりからレオジーニョがギロチン一閃!!

ブルース・バッファー絶叫。レオジーニョ1本勝ち。

レオ様ここまでがぶりからの展開を多用。新機軸。


ハファエル・メンデスvsジャスティン・レイダー

相変わらず対戦相手を殺しそうなメンデス、めちゃきつそうなアナコンダで1本勝ち。

強敵ジャスティンを一蹴。


決勝ラウンド

フーベンス・シャーレスvsハニ・ヤヒーラ

レオナルド・ヴィエイラvsハファエル・メンデス

もはや何も言う事はない・・・・!!

できたらコブリンヤvsレオジーニョ希望!!!

ADCC速報 ー77ロ級・2回戦

1回戦


マルセロ・ガウッシア vs クロン・グレイシー

クロン奮闘。基本的にガウッシアに攻め立てられてるが、最後の最後で身体能力を駆使して返す。

ガウッシア、2005年あたりの速射砲のような攻めが影を潜める。

温存している?

クロンの若い力が光った試合。ガウッシアがマウントからの絞めで1本勝ち。


中村K太郎 vs マルセロ・アゼヴェド

開始当初、完全にパスされてアナコンダを極められるK太郎選手。大苦戦。

当然だが相手強い。

かなり長い間絞められていたが、根性で耐える。

次に画面に映ったら、K太郎選手が上になって攻め立てる。

次映ったらなんか勝ってた。

K太郎選手、2003年以降の現行ADCCでは77キロ級初のベスト4.

この階級で日本人が勝ち進むのはハンパなく凄い。

ADCCだけでなく、全体として長年日本人が活躍できなかった階級。

このままガウッシア撃破を!!


パブロ・ポポビッチ vs ベン・アシュクレン

なんかポポ様下になってる。気が付いたらポポ様勝利。記録だと足間接との事。ていうか見えない。


グレゴー・グレイシー vs レオ・サントス


決勝ラウンド

マルセロ・ガウッシアvs中村K太郎

パブロ・ポポビッチvsグレゴー・グレイシー

ガウッシア、本気出してないかもですが、往時の勢いは現在の所やや影を潜める。

K太郎選手の畳み掛け&際でのK舟会魂溢れる強さで勝利を狙え!!!!

勝てる!勝つ!K太郎選手が勝つ!!!!


グレゴーはポポビッチのTD切れない不安があるも、ノってる選手。

番狂わせを起こして欲しい。


ポポ様は悲願の初優勝を達成し、その肉体美を存分に披露して欲しいです。

ADCC速報 ー88キロ級・2回戦

2回戦


アンドレ・ガウバォン vs Chris Weidman

ガウバォンのムーブに実況が急に興奮。二人いる事が判明。この人達のツボが???

相手が強い。ガウバォン、際の攻防で勝てず。階級上げた結果のパワー差か?

ガウバォン、パス等のポイントで何とか判定勝利。

デビッド・アヴェラン vs ターシス・フンフェリー

ターシス、あっけなく敗退・・・・。

ブラウリオ・エスティマvsJames Brasco

レフェリー判定でブラウリオ。

ハファエル・ロバト・Jr vs ブルーノ・バストス


決勝ラウンド

アンドレ・ガウバォンvsデヴィッド・アヴェラン

ブラウリオ・エスティマvsハファエル・ロバトJr

ブラウリオとロバトは似たタイプの対戦。

ガウバォンは難敵アヴェラン。パワーもテクニックある。

技術で凌駕して決勝に勝ち進めるか?


ブラウリオもロバトも、相性的にはガウバォンの得意なタイプと思われるだけに(ブラウリオには2008ムンジアルで勝利)、準決勝が肝。


ADCC速報 ー99キロ級・2回戦

2回戦


シャンジ・ヒベイロ vs Radek Turek

シャンジ上からずっとパス&固め。固い固い。相手動けず。バック取ってじっくり攻める。

相手、口開けてアゴ引いて防御しているのは分かるが、見てるこちらが切なくなるような顔。

シャンジ、バックから肩固めに移行。相手は日本予選のトイカツ選手のように足を抱えてなんとか防御。

シャンジ、マウント気味から十字。下になるがそのまま極める。シャンジ1本勝ち。

ヴィニシウス・マガリャエスvsペ・ジ・パーノ

ドラクリーノじゃなくペザォン・マガリャエス、レオ・サントスがGSPに決めたみたいなフライング十字。

これはすごい。元々強豪。これでノるか?

ペ・ジ・パーノ泣きそう。MMAでも大舞台に立てなくなってきて、この辺りが正念場か。

グローバー・ティシエラvsディーン・リスター

リスター、バックを振り落とされて以降ガードが弱い。レッグウィーブ・パスから逆サイド等、ポンポンパスされる。

この辺りはもう実況も結果を言わなくなる。ティシエラ判定勝利。

Jerry Rinaldi vs Tomasz Szczerek


決勝ラウンド

シャンジ・ヒベイロvsヴィニシウス・マガリャエス

グローバー・テイシェラvsジェリー・リナルディ


シャンジvsヴィニーが大注目。

シャンジ、ヴィニーのスピードをさばいて、圧力で粉砕できるか。

ヴィニー、シャンジをかく乱する事ができるか。

ADCC速報 99キロ超級・1回戦

2回戦


ファブリシオ・ヴェウドゥム vs Tomasz Janiszewski

ファブリシオが余裕の展開で、バック取ったり。最後は判定?ファブリシオ勝利。

サウロ・ヒベイロvsホムロ・バハウ

サウロのコールでブルース・バッファー興奮。

実況がサウロの実績について長々としゃべる。

有名人にしかコメントしないナイス実況。

ホミーニョのガタイがバキバキで凄い。ポポビッチみたい。

サウロもいいガタイだけど、かなり背が小さい・・・。

ホミーニョけっこう刺青多い。

サウロ下のハーフの攻防。

ホミーニョ、ハーフ上からの前腕チョークやアナコンダ・チョークを仕掛ける。

足がなかなか抜けず。

サウロのガードが固い。サウロがタックルで立ってくる所をホミーニョがカウンターでバック取り!

しかしサウロの前転ムーブでかわされる!

スタンドではサウロの立ち技を嫌い、ホミーニョがシッティング。

ホミーニョがバタフライ・ガードからフックで飛ばそうとするが、サウロは相手のフック足を上手く流す。

ギ有りの試合では、このフックだけで何人も吹っ飛ばされているおそるべき技。サウロの技術が光る。

サウロ、ホミーニョを攻め立て、ついにパス成功!!ホミーニョあわててハーフに戻すがポイント入った模様。

ホミーニョ不満そう。

その後もサウロがホミーニョの仕掛けを全部かわして3-0判定勝利。

2007ムンジアルの借りを、シャンジの分まで返す。

ジェフ・モンソン vs Janne-Pekka Pietilainen

モンソンが本気出しているせいか、画面にあまり映らず。視聴率を考慮しているのなら妥当な処置か。

時々映る画面では、モンソンさんが上で苦しそうにモソモソしている場面。

多分モンソン判定勝利。

ロベルト・アブラウvs Asa Fuller


決勝ラウンド

サウロ・ヒベイロvsファブリシオ・ヴェウドゥム

ジェフ・モンソンvsロベルト・アブラウ


サウロvsファブリシオは大注目のカード。

ファブリシオは安定して強い。

2階級下ながら高い技術と不屈の精神で勝ち進んだサウロ。

予想不可能。