回って潜る系 潜りスイープ編

こんちは!


まず前編の補足を少ししますね。

前回の説明で、やたら「後転スイープ」という言葉が出てきたと思うのですが、実際はこういうヤツです!

http://www.youtube.com/watch?v=jMIX3WXzvTM

つまりハーフから深く潜って、スパイラルガードから内周りに股下に潜れなくても、相手の体を自分のヒザの上に乗っけて、そのまま後転する技です。


非常に汎用性が高い技術でアンドレ・ガウバオンが多用しています。

こちらがガウバオン・バージョンです。

http://www.youtube.com/watch?v=JSL0AJzy1U0

見事に引っくり返していますね。

こちらの方が最初スパイラルっぽいですね。



前回出てきたスパイラルからの内回りバックアタックを、相手が無防備に潰しに来たときや、もしくは普通にヒザ割りパスを仕掛けて来た場合なんかも同じなんですけど、これを仕掛けると、相手は吹っ飛びます(笑)。

佐々選手の教則本「盾」で、P26の「引き込み~スパイラルガード~スイープ」という項目で詳しく解説されています。あわせてご参照下さい。


また普段の練習方法として、以前コメント欄にも貼りましたが、こちらの動画をあらためて紹介します。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=JbtG1jpXow0
こうやって壁に足掛けてクルクル回るわけですね。

腰や首を痛めないよう、適度な間隔を開けて練習してみて下さい!


さて本題に入ります!

今日は「潜りスイープ」を特集します。


特集といっても、いわゆる担ぎ上げるタイプのヤツだけやります。

なぜなら僕はこれしかできないからです!!

他のバリエーションタイプを期待してた方、すみません・・・。

しかし潜り系の宝石紫最も基本型宝石ブルーですし、その分、実戦的だと思いますビックリマーク

特に初手の人とかが相手だと、とても良く決まるのではないでしょうか!

ちなみにこの技は、回りません・・・。

これが基本形です!

http://www.youtube.com/watch?v=rMiw9M7Fl0U

これはノーギ・バージョンで、いわゆるバタフライ・ガードからの担ぎ方です。

足の組み方が少し複雑です!良く観て下さいね。


足の組み方に関しては、引き込んでハーフからの展開の方が覚えやすいんですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=yhLSreg6AEs

これがギ・バージョンです。

ご覧のように、片襟・片袖のオープンガード基本型

(この型です右矢印http://bjj.shop-pro.jp/?pid=8164366 )

から、足をハーフに絡め、かつ袖持ってる方の腕を相手の股にフックして潜る訳です。


ハーフに絡めた足とは逆の足で、相手を担ぎ上げるんです。

詳しい手順は佐々選手の教則本「盾」P48,「引き込み~潜りスイープ」に記載されています。

是非買いましょう!


コツは一気に潜る事です!!

この動画②のブルーノ・フラザトように自転車一気呵成にスライディング自転車して相手の股下に潜って、足で担ぎ上げるんです!!



最初の形は色々ですが、この足で担ぎ上げるやり方は、色々な場面に応用が効く、重要な技術です!

http://www.youtube.com/user/sexandjiujitu#play/uploads/9/2zPIFXvRLSg

スパイラル編で紹介したこの動画、スパイラル回転を成功させた後の潜りの攻防で、良く見るとこの足の組み方を使用しているのが分かると思います。


この足の組み方をしっかり覚えましょう!

自分の腕を相手の股にフックしていますが、その腕とは逆の足、

または、ハーフガード下からの展開だったら、フックしている足とは逆の足で持ち上げる、と覚えましょう!


この技術がいつからあったのか、僕には良く分かりません。

しかしこの担いで潜るという技術を有名にしたのは、おそらくジャンジャック・マチャドでしょう。

動画①のように、両足フックの、いわゆるバタフライガードから相手をフックで持ち上げて、様々な展開を作る事に長け、数々の栄光を手に入れました。


http://www.youtube.com/watch?v=0VHWFugNJBY&feature=related

この動画、ちょっと長いんですが、最後の 9分50秒からを見て下さい!

まさにこの「潜りスイープ」の型ですね。

非常に美しく決めています宝石赤


http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=bH7_hVf1fVA

ノーギで潜りからのバリエーションを教えています。

見事な動きですね音譜



ちなみに僕は最近、エディ・ブラボー「エレクトリック・チェア」という技を知る機会に恵まれたのですが、ハーフ下潜りからのとてもユニークな展開の技でした。エディに関しては、みなさんの方がお詳しいのではないかと思うのですが、エディ・ブラボーと言えばジャンジャックの黒帯ですね。

ジャンジャックの潜り技術が、現在様々な革新を経て色々な形で世に流布しているのではないでしょうか。それだけ優れた発想だったのでしょうね。

(ちなみにビトー・シャオリン・ヒベイロも潜りからの展開が有名ですが、今回は置いときますね!)


この技術、足の組み方さえ覚えてしまえば、やたら気軽に使えます!

担ぐ時に腰を切られて、かわされてしまう場合とかもあるのですが、それはまた今度対策を練るとして、とりあえずはこのやり方を覚えてみて下さい。


一気に潜って、足で担いで、でここが大切なのですが、担いだ足を相手の頭方向に降ろすんです。

これがちゃんと決まれば、担ぐ時に足をエックスに組み替えたりしなくても、決まります!

興味ある方は、是非試してみて下さい!


足の組み方や持ち上げた足の落とし方等、言葉では伝わりにくい場合があると思いますので、

その場合はこちらを参考にして下さい!

先ほどから度々出てきている、佐々幸範選手の教則本「盾」です。

http://www.b-j-j.com/180_3806.html

「回って潜る」系に興味ある方は、必携と言えるのではないでしょうか。

非常に見やすく、分かりやすいです。



この他にも「Gi Grappling 2006」という大会で、この佐々選手がこの担ぎ方を駆使しまくって、大暴れしています。

ハーフガード下から自在に内回りのスパイラル、潜りを使い分ける様は圧巻です。

こちらもDVDになっていますので、良かったら是非購入してみて下さい!



いかがでしたでしょうか?

ギでもノーギでも、とても有名な技なので、気が向いたら試してみて下さいね!

回って潜る系 潜りスイープ編” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    待ちに待った更新。
    うれしいです!!!
    最近潜りスイープばかり練習して潰されサイド取られまくってる僕からしたら
    非常にありがたいブログです。
    でも最近変わったスイープばかりをイロイロ練習してるせいかベーシックやフックスイープなど、ガードから何気に出したスイープがよく決まるようになってきました。
    嬉しい誤算です。
    脱力とゆうか重心とゆうか少しずつ理解してきました。相変わらずハーフはまだまだですが
    後転スイープ……
    カッコ良すぎですね。
    是非得意技にしたいです。
    ハーフからの展開でエディブラボーの名がブログの後半に出てきましたが、僕も最近ラバーのエディじゃなくハーフからの展開を最近参考にしてます。(あえてツイスターは無視してます)
    もっぱらヨウツベで試合動画を見まくってるだけですが
    また更新(特に技術特集)楽しみにしています
    このブログを見るたびに寝技のモチベーションが勝手に上がってます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >チップスターさん
    いつも読んで頂いてどうもありがとうございます。
    僕のブログ読んで、寝技の練習に熱を入れて下さるなんて、とても嬉しいですよ。
    打撃も同じだと思いますけど、寝技も細かい局面毎にミラクルが隠れてて、実際やるようになると、その隠れてた部分が、理解できるようになるんですよね。「かっけー!!!」って!
    こうなるとやめられないですよね。
    あと実際いかにも「ワザ」って感じに決まる技術が多くて、ハマりやすいです(笑)。
    チップスターさんも仰るように、グラウンド技術って、自分の重力と相手の重心のせめぎあいというか、キンニク付ければ良いってモンじゃないのも深いですよね。
    僕みたいな非力くんでもなんとかなるのがありがたいです(笑)。

コメントを残す