回って潜る系 帳尻合わせ編

こんちは!


前回まで、「回って潜る」と題して、つまりはハーフガード下からの展開を紹介してきました。

この後にはまだデラヒーバ・ガードからの展開が残っていますが、その前に、こういう仕掛けを潰されちゃった時の返し方を少し紹介しようと思います。



かっこよく狙ったスパイラルや潜りを止められて、気付いてみたらただのパス寸前ハーフ下状態・・・叫び

良くありますよねドキドキ

相手の割って入ってきたヒザがウザイ事この上ないです・・・・。

そこからなんとか立て直していく訳ですが相手のヒザがどこまでガードを侵食しているかによって、対処の仕方が変わってきます。


まず①これから割られる、割って入ってきた、という状態です。

この状態はまだ相手のヒザがガードを割って地面に着いておらず、自分の体や股間の上に乗っている状態ですね。

つまり相手の重心がまだ上の方にあって、これから降りてくる訳です。

この場面では、その降りてくる重心を利用して、後転スイープを狙ってみましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=ClGAkC2nISc

こんな感じです。

やり方としてはですね、フックは相手の裏モモ上部に当てる、そしてフックしてない方の自分の足を、相手のパス進入コースとは逆の弧を描くように回して自分の体をスピンさせるんです。

その際あまり力まないで、相手の体重が前に落ちてきたのを感じ取りながら、ゴロンって感じで回って下さい。

回るときはスパイラルと同じで、腰をしっかり突き上げて回った方が回りやすいです。



前回も紹介した動画ですが、これも同じですね。

http://www.youtube.com/watch?v=JSL0AJzy1U0

相手のヒザが割って入って降りてきた瞬間、転がしてます。

ただこのムーブを良く見てみると、肩抜き後転というよりかなり首そのもので回っているのがお分かり頂けると思います。こういう人達はクマスーパーな体力クマしてるから平気でしょうけど僕等パンピーはその点気を付けながら、なるべく首に負担を掛けないように回りましょうね。


②同じような状態から、もう一つカウンターのバリエーションです。

http://www.youtube.com/watch?v=QJPWlW-Harw&feature=related

こういう感じで、外回りに体をスピンさせる方法はなかなかメジャーで、こういうパスカウンターの場面だけでなくても応用が効いたりするので、良かったら一回練習してみて下さい。

この動画だと最後にかっこいいアナコンダチョークなんか決めてますけど、その前段階の体の回し方だけでも全然OKです。余裕があったらジェフ・グローバーを目指してみて下さいグッド!


次はですね、③どうもパスされかかっていると余裕が無くなって、カウンターのスイープなんかできないよ!という僕の為に誰かが開発してくれた技です!

http://www.youtube.com/watch?v=jaauZf5YbOU

このようにパスしてくる足のかかとを掴んでしまい、襟を掴んで、腰蹴ってクォーターに戻す方法です。シンプルですねドキドキ

似たコンセプトの返し方は良くありますよね。

パス食らって頭が混乱してしまったら、とりあえずこれで凌いで下さい!!

ちなみにこの技、簡単そうですが、しっかり襟掴んで、相手を前のめりにしたりしてバランスを崩しながらやらないと相手が踏ん張ってきます!

何か仕掛ける時は常に相手のベースを崩しながら、という基本を忘れないようにしてやってみて下さい!



最後に④もうパスしてきたヒザが地面に着いちゃったよ!状態です。

絶対絶命ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=jC-gZP141Xc&feature=related

この状態だと、サウロ師もおっしゃっておられますが、もはや押しても戻してもパスされてしまうので、このように相手の襟を掴んで、自分の肩を外側に逃がしながらスピンさせて、相手を投げるようにしてバックを狙います。

これは一気呵成にやらないとダメです。ガっとやっちゃって下さい。


この時相手を外側に押し出す感じでやろうとすると、スペースを与えてしまい、パスされやすくなってしまいますので、あくまで相手のバランスを崩しながら自分がバックに回り込む、という軸感覚を大事にしながらやってみて下さい。相手のバランスを上手く崩せると、バックを取れないまでも、ガードに戻せます。


あといわゆる「潜りスイープ」を狙ってそのままぶっ潰された状態からのリカバリーも紹介しますね。

http://www.youtube.com/watch?v=FyupgcS_79c

これはMMAでも、アンドレ・ガウバオンが似たような事やってますよね。

逃げ方・スイープ方法としては定番です。

フックしている腕を外して、相手のもう一つの足に掛けなおします。

肩を使ってさら深く潜りながら、足を前後にスイングさせて相手を揺さぶりながら、空いたスペース目掛けて強烈にスピン・インする方法です。

この時、この動画では右腕にあたりますが、あまりしっかり相手の足を掴んで抱え込まず、あくまでスピーディに肩をスピンさせる事に集中するのがコツですね。



いかがでしたでしょうか?

こういう技を知っていても、ハーフからの防御って、抜かれた足を戻し戻しの苦行タイムとか、やっぱあると思いますので(笑)、そういう力技・忍耐力養成と並行しながら、こういう技術も試してみて下さいね。


これでスパイラル等潰されても、その先に楽しみができましたドキドキ

回って潜る系 潜りスイープ編

こんちは!


まず前編の補足を少ししますね。

前回の説明で、やたら「後転スイープ」という言葉が出てきたと思うのですが、実際はこういうヤツです!

http://www.youtube.com/watch?v=jMIX3WXzvTM

つまりハーフから深く潜って、スパイラルガードから内周りに股下に潜れなくても、相手の体を自分のヒザの上に乗っけて、そのまま後転する技です。


非常に汎用性が高い技術でアンドレ・ガウバオンが多用しています。

こちらがガウバオン・バージョンです。

http://www.youtube.com/watch?v=JSL0AJzy1U0

見事に引っくり返していますね。

こちらの方が最初スパイラルっぽいですね。



前回出てきたスパイラルからの内回りバックアタックを、相手が無防備に潰しに来たときや、もしくは普通にヒザ割りパスを仕掛けて来た場合なんかも同じなんですけど、これを仕掛けると、相手は吹っ飛びます(笑)。

佐々選手の教則本「盾」で、P26の「引き込み~スパイラルガード~スイープ」という項目で詳しく解説されています。あわせてご参照下さい。


また普段の練習方法として、以前コメント欄にも貼りましたが、こちらの動画をあらためて紹介します。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=JbtG1jpXow0
こうやって壁に足掛けてクルクル回るわけですね。

腰や首を痛めないよう、適度な間隔を開けて練習してみて下さい!


さて本題に入ります!

今日は「潜りスイープ」を特集します。


特集といっても、いわゆる担ぎ上げるタイプのヤツだけやります。

なぜなら僕はこれしかできないからです!!

他のバリエーションタイプを期待してた方、すみません・・・。

しかし潜り系の宝石紫最も基本型宝石ブルーですし、その分、実戦的だと思いますビックリマーク

特に初手の人とかが相手だと、とても良く決まるのではないでしょうか!

ちなみにこの技は、回りません・・・。

これが基本形です!

http://www.youtube.com/watch?v=rMiw9M7Fl0U

これはノーギ・バージョンで、いわゆるバタフライ・ガードからの担ぎ方です。

足の組み方が少し複雑です!良く観て下さいね。


足の組み方に関しては、引き込んでハーフからの展開の方が覚えやすいんですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=yhLSreg6AEs

これがギ・バージョンです。

ご覧のように、片襟・片袖のオープンガード基本型

(この型です右矢印http://bjj.shop-pro.jp/?pid=8164366 )

から、足をハーフに絡め、かつ袖持ってる方の腕を相手の股にフックして潜る訳です。


ハーフに絡めた足とは逆の足で、相手を担ぎ上げるんです。

詳しい手順は佐々選手の教則本「盾」P48,「引き込み~潜りスイープ」に記載されています。

是非買いましょう!


コツは一気に潜る事です!!

この動画②のブルーノ・フラザトように自転車一気呵成にスライディング自転車して相手の股下に潜って、足で担ぎ上げるんです!!



最初の形は色々ですが、この足で担ぎ上げるやり方は、色々な場面に応用が効く、重要な技術です!

http://www.youtube.com/user/sexandjiujitu#play/uploads/9/2zPIFXvRLSg

スパイラル編で紹介したこの動画、スパイラル回転を成功させた後の潜りの攻防で、良く見るとこの足の組み方を使用しているのが分かると思います。


この足の組み方をしっかり覚えましょう!

自分の腕を相手の股にフックしていますが、その腕とは逆の足、

または、ハーフガード下からの展開だったら、フックしている足とは逆の足で持ち上げる、と覚えましょう!


この技術がいつからあったのか、僕には良く分かりません。

しかしこの担いで潜るという技術を有名にしたのは、おそらくジャンジャック・マチャドでしょう。

動画①のように、両足フックの、いわゆるバタフライガードから相手をフックで持ち上げて、様々な展開を作る事に長け、数々の栄光を手に入れました。


http://www.youtube.com/watch?v=0VHWFugNJBY&feature=related

この動画、ちょっと長いんですが、最後の 9分50秒からを見て下さい!

まさにこの「潜りスイープ」の型ですね。

非常に美しく決めています宝石赤


http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=bH7_hVf1fVA

ノーギで潜りからのバリエーションを教えています。

見事な動きですね音譜



ちなみに僕は最近、エディ・ブラボー「エレクトリック・チェア」という技を知る機会に恵まれたのですが、ハーフ下潜りからのとてもユニークな展開の技でした。エディに関しては、みなさんの方がお詳しいのではないかと思うのですが、エディ・ブラボーと言えばジャンジャックの黒帯ですね。

ジャンジャックの潜り技術が、現在様々な革新を経て色々な形で世に流布しているのではないでしょうか。それだけ優れた発想だったのでしょうね。

(ちなみにビトー・シャオリン・ヒベイロも潜りからの展開が有名ですが、今回は置いときますね!)


この技術、足の組み方さえ覚えてしまえば、やたら気軽に使えます!

担ぐ時に腰を切られて、かわされてしまう場合とかもあるのですが、それはまた今度対策を練るとして、とりあえずはこのやり方を覚えてみて下さい。


一気に潜って、足で担いで、でここが大切なのですが、担いだ足を相手の頭方向に降ろすんです。

これがちゃんと決まれば、担ぐ時に足をエックスに組み替えたりしなくても、決まります!

興味ある方は、是非試してみて下さい!


足の組み方や持ち上げた足の落とし方等、言葉では伝わりにくい場合があると思いますので、

その場合はこちらを参考にして下さい!

先ほどから度々出てきている、佐々幸範選手の教則本「盾」です。

http://www.b-j-j.com/180_3806.html

「回って潜る」系に興味ある方は、必携と言えるのではないでしょうか。

非常に見やすく、分かりやすいです。



この他にも「Gi Grappling 2006」という大会で、この佐々選手がこの担ぎ方を駆使しまくって、大暴れしています。

ハーフガード下から自在に内回りのスパイラル、潜りを使い分ける様は圧巻です。

こちらもDVDになっていますので、良かったら是非購入してみて下さい!



いかがでしたでしょうか?

ギでもノーギでも、とても有名な技なので、気が向いたら試してみて下さいね!

回って潜る系 スパイラルガード編

こんちは!


これから、ある技術体系の特集をしてみたいと思います。

どんな技術かといえば、ズバリ「回って潜る系」です!!

そんな呼び方ありませんが、他に言い方無いので、僕が今作りました!

ですから、「道場で通じなかった」等のクレームは受け付けられません(笑)!

注意して下さいね(笑)。


どんな技を指して「回って潜る系」と言うのか。

それはこれまたズバリ「潜りスイープ」「スパイラルガード」「デラヒーバガード」からの展開を指します。

これから順次説明していきますが、これらのガードの中には、特にデラヒーバガードがそうなのですが、別に「回って潜る」前提のガード方法ではありませんが、回って潜る展開もあるので、入れています。


あと「潜りスイープ」も別に回りませんね・・・。

まあいいです。



ある種殺し合いとも言うべき厳しい格闘技の世界において、相手のまたぐらドキドキにどんどん自分の身を近づけていくという、とても珍しい技術という点で、これら3種は兄弟みたいなモノですからね。



だから寝技にあまり親しみの無い人からすると、「どうやってこの技術を使うのか」という疑問が出てくると思うんです。だからなるべく分かりやすく書くように頑張ります。

分かりにくい所があったらコメント下さいね!

僕でできる範囲ですが、お答えします。

とりあえずは、これらの技は全てバックを奪うために、ひねりだされた技術であると考えて下さい!

全てはバックアタックのため、ですね。


まずスパイラルガードです。

柔術知らない人からすると、これら3種の技術中、もっとも意味不明な技に映るのではないでしょうか。

なにしろ奇怪なムーブです・・・・。

特にイブニングに連載中の「オールラウンダー廻」において、この技術が大々的に取り上げられたため、

柔術以外の格闘技ジャンルの方も、大いに興味を持たれたのではないでしょうか!

http://www.youtube.com/watch?v=kyCqhQjzZsc

これが基本的なやり方です。

ご覧のように、自分の足を相手の足に内側から掛けて、内回りで股を目指す技術です。



今や新型柔術の象徴のような技として、ある種憧憬すら抱かれている非常にかっこいい技術です。

僕はそんなに歴が長くないので、いつ頃からある技なのか、誰発祥の技なのか、良く分かりません。

しかしジャンジャック・マチャドの教則本「ブラジリアン柔術 チャンピオンシップ・テクニック」のp102に、スパイラルガードという名称は用いられていませんが、まさにこの技が、ハーフガードからのバックアタック法として紹介されているので、結構古くからあるのかもしれません。

またチンギーニャことマウリシオ・マリアーノが自身の教則等で度々紹介している必殺技「クロス・スイープ」も、スパイラルガードと酷似しています。

http://www.youtube.com/watch?v=ACaDkT1_ikY

オープンガードといえばグレイシー・バッハですので、その辺で考え出され、ハーフガードからの技術発達に伴って、ポピュラーになったのかもしれませんね。

日本では何といっても佐々幸範選手の活躍で、この技術が知られるようになりましたよね。

http://www.youtube.com/watch?v=u9zmVVYlwro

http://www.youtube.com/watch?v=DjNpIRicbQU


ぱっと見て分かるように、この技は非常に潰されやすいガードです。

だから仕掛ける人間は、上の相手の襟を掴んで手で押したり、反対側のヒザを掴んだりして、頑張ってスペースをこじ開ける必要があります。


そしてもちろんかたつむりスムースに回転かたつむりできなくてはなりません。

この回転は①の動画を良く見てもらえると分かるように、ほぼ肩のラインで回っています。

つまり腰をきっちり高く上げて、肩というか肩甲骨あたりを接地面にして、回転している訳ですね。

一見すると首付近で回っているように見えますが、首では支えませんので、はじめての方は無理な回り方をして首等を痛めないように注意して下さいね!

あくまで腰の上辺り、肩辺りで回っています。

そして佐々選手も自身の教則で言っていますが、この接地面は、小さければ小さいほど、良く回ります。

だからその分腰をちゃんと上げないといけないので、けっこう腹筋・腰筋キツイですあせる


ちなみに腕のロックですが、メグルや佐々選手の教則では順手ですが、海外の選手は逆手の人が多いです。

自分がやりやすい方向で試してみて下さい。



このように中々苦労が多い技なのに、潰されやすいので、実際はそこまで頻繁に使われる技では無いです。

対策を知ってる人相手だと、通常はまず掛かりません!


防御方法ですが、とにかくフックされた側と逆サイドのスペース、つまり相手がこれから回ってくるスペースですね、そのスペースを消す事に尽きます!

相手はなんとしてもスペースを開けようとしてくるので、それを防がなくてはなりません。

具体的に言うと、フックされてる方と逆側の足は、もう片ヒザついて座ってしまいます。

これで股間のスペースは無くなります。

そして相手はこちらの襟を掴んだり、顔を押したりしてくるので、それも全部切ります!

特に相手はフックしてない側の足を振り子のようにして反動で回ってこようとしてくるので、その足を掴んで制するのです。

で自身のベースを十分に安定させた後、相手のフックをクロスニーパスの要領で抜きにかかるのです。

つまりフックを外すまではパスを仕掛けず、自分の体重はやや後方にベースを保ったままにしておく方法です。


これとは違って、相手に体重を掛けながら、潰すと同時にパスを仕掛けるやり方もあります。

メグルの試合で、セコンドの人がスパイラル対策として「脇を差して潰すビックリマークと指示を出していますよね。

おそらくこの方法ではないでしょうか。

しかしスパイラルとか仕掛けてくる人は、大抵がグー下半身が凄く強いグーです。

佐々選手もそうですよね。あのプリップリのお尻ラブラブキンニクでパンパンです。

だから逆にヒザ曲げて防御され、そのままヒザにこちらの体を乗っけられちゃうんですよね・・・。

そしてそのまま下手に体重をかけてると、乗っけられたまま後転されてスイープ喰らう事が多々あります。

いわゆるスパイラルガード、もしくはハーフガードからの後転スイープですね。

そういう動きは大得意チョキの人達ですからね。



だから叫び踏ん張る力がまるで無い僕カゼなんかは、まず体勢起こしてフックを切ってから、次の行動に移る最初の方法を使っています。

他にも防御方法たくさんあると思うので、それぞれ自分にやりやすい方法を選択してみて下さいね。


http://www.youtube.com/watch?v=2zPIFXvRLSg

ここで参考動画です。

一見、完全に潰されたハーフガードの状態ですよね。

パスも時間の問題みたいな・・・。


とかげコブリンヤとかげはしっかり逆サイドのスペースを潰しているのが分かると思います。

しかしコブリンヤがそのままニー・オンからのラペラチョークや、腰切って足を引っこ抜くパスを仕掛けようとして、だんだんスペースが空いてきます。まあそれでも端から見ると完全にパス寸前みたいなんですけどね・・・。

しかし相手は世界最高峰のスパイラルの使い手、メラメラ火の玉男のマリオ・ヘイスメラメラ

少しの隙も見逃さず、根性で(笑)コブリンヤを押し上げているのがお分かり頂けると思います。

コブリンヤもスペース潰しにはすごく気を使っているのですが、ヘイスはド根性で隙間をこじ開け、そしてドンッコブリンヤに掴まれた足をかまわずブンブン振り回してドンッその反動で段々体を起こしていきます!

いざとなったら手より足の方が力が強いですからね!


そして遂にヘイスの体が完全に回ったところで万事休す!

コブリンヤは完全にベースを崩され、その後粘るもヒザ十字の体勢に入られてしまいます。



いやあ、柔術って奥が深いですね・・・。

一見しただけでは、何が起きているか分からない柔術技術の典型のような試合状況ですね。

つまりマリオ・ヘイスは、2分かけて回った、という事になる訳です(笑)。



スパイラル後のもみ合いで、ヘイスは「潜りスイープ」の技術も併用しているのですが、そこは「潜りスイープ」の回で触れますね!