DEEPXに行ってきました!パート2

オープニングファイトに出場した関根選手、ぱねえです・・・。

http://btbrasil.livedoor.biz/archives/cat_50236347.html

この選手です。

何がぱねえって、見たとおりガタイがヤバ過ぎでした!

入場だけで、もうお客さんが沸いてました!

何かボブ・サップが間違えて入ってきちゃったみたいでした・・・。

試合中も、そのボディへの賛辞が鳴り止みませんでしたね。

しかも大会終了後、他の人と話している関根選手を見かけたのですが、普通に優しそうでした!!

むしろかわいい感じ・・・ドキドキ

やっぱ強い人は優しいんですかね。

和術慧舟会駿河道場の木内選手は負けてしまいましたが、その応援に来ていたアウトサイダーMVPの佐野選手と少しお話する事ができました!

半袖から見える前腕の筋肉スジがハンパなかったですね・・・。

僕って見た目はひ弱そうに見えるので(そして実際も弱いので!!!)、いつも初対面の人になめられてると思ってひそかに悔しい思いをしていたのですが、こういうガタイを手に入れられれば、僕の悩みも解決するのになあと思いました。

佐野選手、精悍な感じで体調良さそうでした!

また素晴らしいファイトを見せてくれる事でしょう。

みなさんもアウトサイダーのDVDを是非見てみて下さい。

最初僕の隣は、村田卓実選手の関係者らしい方が座っていたのですが、あるチームのセコンドの人がずっと立っていて僕等が全然見えなかったので、その方は少しご立腹の様子でしたが、次のクラブバーバリアンのMIKU選手や男性のセコンドの方は、速攻ジョー・オン・ザ・マットの体勢でセコンドについていたので「さすがねえ」とおっしゃってました!実は僕も某大会でセコンドらしき事をした事があって、その際ボーっと突っ立ってたら後ろから「見えねーんだよ!!!パンチ!って殺されそうな勢いで怒られたため、以降留意してた部分なんです。色々な所で色々分かるもんですね。やっぱプロは凄いですね。

そしてその村田選手青木選手のアツイ声援を受けながら、非常にパワフルな動きで勝利しました!

村田選手の試合が終わったので、その関係者の方達はお帰りになったのですが、そしたらその後イキの良いジム生のアンチャンみたいな感じの人達が僕の隣席を占拠!「K太郎選手俺の事知ってるぜ!」とか色々大声で解説とかしてくれててとってもウレシかったDEATH!!


しかししかしセミ前の第6試合、そんなアンチャン達が急に黙っちゃいました・・・。こちらのコーナーは八隅選手のコーナーで、見るとセコンドにはなんとなんと青木・北岡の恐怖コンビ・・・・。

みなさんにはもうおなじみでしょうけど、この試合を青木選手・北岡選手の名解説で振り返ってみたいと思います。


北「(小声)で)ゆーっくり」

北「(小声で)見てこ」

青「(小声で)そうそう」

北「焦らないで」

北「そこ行っていいよ」

北「そこ行く」

北「行く行く行く行く行く行く行く!!!

青「行けよ!」

青「オラ!コーヘー!行かんかい!!」

北「(心底あきれたように)チッ、なんでそうかなあ・・・・」

青「(心底あきれたように)カァーッ!」

北「相手もう何も無い何も無い!!」

青「相手がサブミッション取る事も、上取る事も、絶対無いから」

北「見る必要ない!行け!」

青「やっさんが一番分かってるだろ?今までやってきて。一番分かってんだろ?」

青「オラ!そこで行け!」

北「パスパスパスパスパス」

青「オラ!行かんかい!」

北「絶対取れ。そこ絶対取れ。」

青「一本取るんだよ。オラ。取れよ。」


すみません全然分かりませんでしたね!


試合は八隅選手が、正面からや、相手の足元に回りこんでの様々なTDを凄まじい切れ味で決めまくって、大量ポイントで勝利しました!

しかしTAISHO選手柔らかい腰使い「滑る」動き、八隅選手に明確なパスはあまり与えていませんでした!

TD以外は、八隅選手が結構攻めあぐねていたかもしれません。


前回でも書きましたが、TAISHO選手のガードワークに対して、北岡選手がしきりに「その滑るの気にしない。滑るの気にしない」と言っていました。


あと女子高生の湯浅選手闘牛・空選手と戦いました。

湯浅選手、動きが凄いなめらかで、強かったです・・・。

「滑る」動きもばっちりでしたし、足の利きが凄くて、バックとるのが早かったですね・・・。

最後少し圧力に押されてましたが、素晴らしい試合を見せてくれました。


徹肌ィ郎選手と廣瀬選手の試合は、最初徹選手がすさまじいパスで攻め立てていたのですが、だんだん廣瀬選手のフックからの内回りやデラヒーバ、潜り等のスイープバリエーションが切れてきて、徹肌選手が苦戦する展開となりました。かなり二転三転した試合でしたが、その中でも廣瀬選手のスイープ技術が光ってましたね・・・。

僕は徹選手がもっと圧倒するかと思っていたのですが、廣瀬選手の粘りに途中から少し動きが落ちてしまったように思えました。

非常にレベルの高い試合で、ドローとなりました。


メインの宮沢選手vsマルキーニョス・ソウザの試合では、僕の前にK太郎選手が!!

でけえ背中!!!そして段々イケメンになってきている気がします・・・。

髪型がすごい似合ってますね。

宮沢選手の相手マルキーニョス・ソウザは、やたらイケメン路線で紹介されていました。

確かにヒカルド・アローナ系かもしれません・・・。

ちなみにハファエル・メンデスはブスタマンチ→デミアン・マイア系のイケメンでした。

どちらにしろ僕はボンサイ柔術ちょっとアレなので、あまりグっときません。


宮沢選手、CFでとても強いですが、グラウンドでも腰を柔らかく使い、かつヒザから下の利きも凄くて、びっくりしました。僕ラバーガード技術は良く分からないのですが、そのような形からオモプラッタがいい感じで入っていて、一つはマルキーニョスもめちゃ焦ってたくらい深く入っていました。


しかし柔術家のマルキーニョスはポイント・ゲーム巧者でもあります。

細かいポイント積みながら削っていき、隙を見てはTD→パス→ニーオン→バックの高速連携で大量ポイントを奪取していました。ここぞの場面での畳みかけは、本当に見事でしたね・・・・。早かった・・・。

そしてタックルが非常に強力でした。


K太郎選手はADCC本戦という大事を控えていてそれどころじゃないと思いますけど、マルキーニョス、いつか倒して欲しいです!!!!


ちなみに弟のホベルト・ソウザは茶帯になってました。

ホベルトの試合時、ボンサイ勢が大挙してセコンドに付いていたのですが、その中の一人(とあとハファエルドキドキ)がやはり突っ立っていて、「見えないなあ」とか思っていたのですが、どうやら足が悪かったようです。

「そういう風に思って悪い事したなあ」とか思ってその人の足を見たらタトゥーがありました。なんとTTマーク。

かっけええええええええええ!!!!!!!!!!


いやあ、DEEPXマジで楽しかったです。

機会があったら来場したりDVD買ってチェックしてみて下さい!




DEEPXに行ってきました!パート2” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブスさんこんちわ。
    突然ですがハファエルの教則っていいですか?
    自分はグラップリングしかやらないので買おうか迷ってます。(もちろん柔術の部分もグラップリングの参考になるように見はするんですが)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ヒールフッカーさん
    僕は大好きですが、これは感じ方が人それぞれですからね!
    内容は、ギのテクニックとノーギのテクニック、それにギでのスパーがたくさん、そしてDEEPXの八隅選手戦が収められてます!
    ハファエルのテクニックは、なんというか手順が多くて、真似するのタイヘンですが、僕はこの手のダイジェスト的な教則DVDは、3つ参考になる技術があればもう元とれたと考えるタイプの人間なので、そういう意味では余裕で元取れました!
    だからノーギ技術が1から10まで盛りだくさんという訳ではないです!
    けどハファエルの技術の特徴は良く分かります。
    こんな感じです!
    何気にギリェルメのDVDも、内容が渋くていいんですよね・・・。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん
    3つ参考になる技術があればもう元とれたと考えるというのは完全に同意です! 非常に的確にレビューしてもらったので参考になりました。百科事典的には使えなくても、今飛ぶ鳥を落とす勢いのハファエルの技術の特徴がよくわかるということで買ってみようかと思います!結構安いですし。ありがとうございました!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ヒールフッカーさん
    買って全然損はないと思いますよ!
    あのスパー映像でのオモプラッタの見事さを見るだけでも、余裕で元取れます(笑)。
    それと既にお持ちかもしれませんが、柔術魂4に、ブルニーニョやドゥリーニョも含んだブラザ時代の練習風景がたくさん収められてます!
    得意技のデラヒーバから相手の足をいじって軽くフックさせてバック取る技や、ベーシックな後転スイープもやってくれてて、普通に参考になります!
    収録されてるスパーとかもガッチガチで、こちらもオススメですよ!ハファエルのお母さんが出てます(笑)。

コメントを残す