本日の名勝負 マーシオ・フェイトーザvsユライア・フェイバー

本日の名勝負の時間ですドキドキ


僕が面白かった・参考になるなあと思った試合を、時々取り上げて行きますね。


http://www.youtube.com/watch?v=s-LbCgDdRS4



この試合はADCC2005の-66キロ級、確か2回戦でした。

グレイシーバッハの大番頭、マーシオ・フェイトーザと元WEC王者のユライア・フェイバーの一戦です。

最近は試合にあまり出場していないため、なんかその政治力が目立つ(笑)、柔術界保守本流グレイシー・バッハの名インストラクターフェイトーザですが、ご存知のように元々は完璧な技術を誇るテクニシャンで、特に試合に勝つ事に関しては他の追随を許さない、名ポイントゲーマーとして知られる選手です。



対するユライア・フェイバーはその身体能力の高さで知られる、現在MMAの有名選手ですね。



この試合でもユライアがその身体能力を爆発ドンッさせてます。

目にも留まらない動きで、度々フェイトーザをパスしかけます。

本当に凄いスピードでさすがのフェイトーザも対処できず、なんとかバック取られるのだけは避けて、がぶられる程度に留めてはいますが・・・。

そしてユライア、所々で非常に荒っぽいというか(笑)、なんか痛そうな事たくさん仕掛けてます爆弾


フェイト-ザも序盤に足払いでいなしたり、大人の味カクテルグラスを見せ付けますがユライアのパワーグラップリングの前に劣勢を強いられます。

度々がぶられ、その都度カメエドゥアルド・テレス風亀ガードカメで凌ぐ場面が続きます。





しかし終盤、スライディングタックルでハーフ下のポジションを何とかキープします。

ユライアはそれを強引に抜けてバックを取ろうとしますが、フェイトーザは同じように亀ガードカメで防御。



ユライアが体勢不十分のままバックマウントを取りに来た所を見逃さず、カウンターのサイドチェンジ一閃!!

ユライアのサイドバックを強奪し、そのままバックマウントへ!!!



シングルバックのまま、あっと言う間にマタレオンを極めて勝利!!





まさに柔よく剛を制という言葉通りの素晴らしい試合です。

良かったら観てみて下さいねビックリマーク


今日の格闘技短信

ていうかアフリクションが中止になっちゃいました・・・・。


ちょっとなんじゃこりゃって感じとしか言いようがありません。

どうもここ最近格闘技界でガッカリする事が多すぎです。


佐々木希のヤンジャングラビアの切り抜きで文字通り自分を慰める行為を先程実行してみましたが、一向に気分が回復しません・・・・。


体調も悪いし、超最低って感じです!

DEEPXに行ってきました!パート2

オープニングファイトに出場した関根選手、ぱねえです・・・。

http://btbrasil.livedoor.biz/archives/cat_50236347.html

この選手です。

何がぱねえって、見たとおりガタイがヤバ過ぎでした!

入場だけで、もうお客さんが沸いてました!

何かボブ・サップが間違えて入ってきちゃったみたいでした・・・。

試合中も、そのボディへの賛辞が鳴り止みませんでしたね。

しかも大会終了後、他の人と話している関根選手を見かけたのですが、普通に優しそうでした!!

むしろかわいい感じ・・・ドキドキ

やっぱ強い人は優しいんですかね。

和術慧舟会駿河道場の木内選手は負けてしまいましたが、その応援に来ていたアウトサイダーMVPの佐野選手と少しお話する事ができました!

半袖から見える前腕の筋肉スジがハンパなかったですね・・・。

僕って見た目はひ弱そうに見えるので(そして実際も弱いので!!!)、いつも初対面の人になめられてると思ってひそかに悔しい思いをしていたのですが、こういうガタイを手に入れられれば、僕の悩みも解決するのになあと思いました。

佐野選手、精悍な感じで体調良さそうでした!

また素晴らしいファイトを見せてくれる事でしょう。

みなさんもアウトサイダーのDVDを是非見てみて下さい。

最初僕の隣は、村田卓実選手の関係者らしい方が座っていたのですが、あるチームのセコンドの人がずっと立っていて僕等が全然見えなかったので、その方は少しご立腹の様子でしたが、次のクラブバーバリアンのMIKU選手や男性のセコンドの方は、速攻ジョー・オン・ザ・マットの体勢でセコンドについていたので「さすがねえ」とおっしゃってました!実は僕も某大会でセコンドらしき事をした事があって、その際ボーっと突っ立ってたら後ろから「見えねーんだよ!!!パンチ!って殺されそうな勢いで怒られたため、以降留意してた部分なんです。色々な所で色々分かるもんですね。やっぱプロは凄いですね。

そしてその村田選手青木選手のアツイ声援を受けながら、非常にパワフルな動きで勝利しました!

村田選手の試合が終わったので、その関係者の方達はお帰りになったのですが、そしたらその後イキの良いジム生のアンチャンみたいな感じの人達が僕の隣席を占拠!「K太郎選手俺の事知ってるぜ!」とか色々大声で解説とかしてくれててとってもウレシかったDEATH!!


しかししかしセミ前の第6試合、そんなアンチャン達が急に黙っちゃいました・・・。こちらのコーナーは八隅選手のコーナーで、見るとセコンドにはなんとなんと青木・北岡の恐怖コンビ・・・・。

みなさんにはもうおなじみでしょうけど、この試合を青木選手・北岡選手の名解説で振り返ってみたいと思います。


北「(小声)で)ゆーっくり」

北「(小声で)見てこ」

青「(小声で)そうそう」

北「焦らないで」

北「そこ行っていいよ」

北「そこ行く」

北「行く行く行く行く行く行く行く!!!

青「行けよ!」

青「オラ!コーヘー!行かんかい!!」

北「(心底あきれたように)チッ、なんでそうかなあ・・・・」

青「(心底あきれたように)カァーッ!」

北「相手もう何も無い何も無い!!」

青「相手がサブミッション取る事も、上取る事も、絶対無いから」

北「見る必要ない!行け!」

青「やっさんが一番分かってるだろ?今までやってきて。一番分かってんだろ?」

青「オラ!そこで行け!」

北「パスパスパスパスパス」

青「オラ!行かんかい!」

北「絶対取れ。そこ絶対取れ。」

青「一本取るんだよ。オラ。取れよ。」


すみません全然分かりませんでしたね!


試合は八隅選手が、正面からや、相手の足元に回りこんでの様々なTDを凄まじい切れ味で決めまくって、大量ポイントで勝利しました!

しかしTAISHO選手柔らかい腰使い「滑る」動き、八隅選手に明確なパスはあまり与えていませんでした!

TD以外は、八隅選手が結構攻めあぐねていたかもしれません。


前回でも書きましたが、TAISHO選手のガードワークに対して、北岡選手がしきりに「その滑るの気にしない。滑るの気にしない」と言っていました。


あと女子高生の湯浅選手闘牛・空選手と戦いました。

湯浅選手、動きが凄いなめらかで、強かったです・・・。

「滑る」動きもばっちりでしたし、足の利きが凄くて、バックとるのが早かったですね・・・。

最後少し圧力に押されてましたが、素晴らしい試合を見せてくれました。


徹肌ィ郎選手と廣瀬選手の試合は、最初徹選手がすさまじいパスで攻め立てていたのですが、だんだん廣瀬選手のフックからの内回りやデラヒーバ、潜り等のスイープバリエーションが切れてきて、徹肌選手が苦戦する展開となりました。かなり二転三転した試合でしたが、その中でも廣瀬選手のスイープ技術が光ってましたね・・・。

僕は徹選手がもっと圧倒するかと思っていたのですが、廣瀬選手の粘りに途中から少し動きが落ちてしまったように思えました。

非常にレベルの高い試合で、ドローとなりました。


メインの宮沢選手vsマルキーニョス・ソウザの試合では、僕の前にK太郎選手が!!

でけえ背中!!!そして段々イケメンになってきている気がします・・・。

髪型がすごい似合ってますね。

宮沢選手の相手マルキーニョス・ソウザは、やたらイケメン路線で紹介されていました。

確かにヒカルド・アローナ系かもしれません・・・。

ちなみにハファエル・メンデスはブスタマンチ→デミアン・マイア系のイケメンでした。

どちらにしろ僕はボンサイ柔術ちょっとアレなので、あまりグっときません。


宮沢選手、CFでとても強いですが、グラウンドでも腰を柔らかく使い、かつヒザから下の利きも凄くて、びっくりしました。僕ラバーガード技術は良く分からないのですが、そのような形からオモプラッタがいい感じで入っていて、一つはマルキーニョスもめちゃ焦ってたくらい深く入っていました。


しかし柔術家のマルキーニョスはポイント・ゲーム巧者でもあります。

細かいポイント積みながら削っていき、隙を見てはTD→パス→ニーオン→バックの高速連携で大量ポイントを奪取していました。ここぞの場面での畳みかけは、本当に見事でしたね・・・・。早かった・・・。

そしてタックルが非常に強力でした。


K太郎選手はADCC本戦という大事を控えていてそれどころじゃないと思いますけど、マルキーニョス、いつか倒して欲しいです!!!!


ちなみに弟のホベルト・ソウザは茶帯になってました。

ホベルトの試合時、ボンサイ勢が大挙してセコンドに付いていたのですが、その中の一人(とあとハファエルドキドキ)がやはり突っ立っていて、「見えないなあ」とか思っていたのですが、どうやら足が悪かったようです。

「そういう風に思って悪い事したなあ」とか思ってその人の足を見たらタトゥーがありました。なんとTTマーク。

かっけええええええええええ!!!!!!!!!!


いやあ、DEEPXマジで楽しかったです。

機会があったら来場したりDVD買ってチェックしてみて下さい!




DEEPXに行ってきました!ハファエル・メンデスにイかされて・・・の巻

ヤバイ面白かった・・・・・!!!


こういう言い方はちょっとアレで嫌ですけど、現在格闘技がマイナーな位置にいるからこそ、この値段でこんな経験ができるクラッカーって感じがしました!


今日僕の半径1m以内に居た人はMIKU選手・宮田選手・植松選手・アウトサイダー佐野選手・青木選手・北岡選手・ハファエルメンデス・K太郎選手・・・・・、ミーハー視点過ぎで申し訳ありませんが、凄すぎです。


そして試合の方も、ハンパじゃなく良かった・・・。

用事や場所の問題で行けなかった方、DVD買ってみて下さい。

ライブでなくても全然楽しめると思います!!!


試合内容が本当に良かったです!!!




体調不良をおして何とか会場に到着。

「長時間座れるかな・・・ドキドキとか心配しながら中に入ろうとすると、入り口付近でたむろってたボンサイガールズに阻まれて中に入れません!!


邪魔だなあとか思いつつも、その周囲にはコワそうな人達がたくさん居たので、こっちが平身低頭して入れてもらいました!始まり始まりです!



順番がメチャクチャですが、最初にどうしても触れておきたいのが

ハファエル・メンデスvsトイカツ選手の試合です。

現在最高にテクニカルにレオジーニョ・ブラザ柔術を体現する、僕も大ファンのハファエルと、先程のADCC日本予選でも大活躍!いつもスペクタクルな寝技で僕等を魅了してくれるトイカツ選手の対戦ですからね・・・。


この試合だけの為に来たと言っても過言ではありませんでした!!!


トイカツ選手のベースの強さ、カウンター気味の意味不明なタイミングで繰り出されるスイープ技術の切れ味は脅威的です!!さすがのハファエルも、こういう予測不能なテンポでテクニカルに動いてくる選手とは対戦経験が少なかろうと思い、注目してました。



しかししかし・・・、ハファエル・メンデスが圧勝しました・・・・。

ヤバイヤバイ!!

ガードからの煽がはんぱじゃないです!!!

いつものようにスタンド勝負は全く無視して速攻座り込むハファエル。

そしてこれまたいつものようにフックを利かせてガードを取るハファエル。


しかしこのフックが尋常じゃないんです!!!!


細っこく見えるのに、フックだけで常時トイカツ選手にリフトのプレッシャーを与え続けて、トイカツ選手のベースを崩し続けます。

それと同時にトイカツ選手の腕を引いたり、自身も滑らかに動いて揺さぶりを続けて、徐々に体をトイカツ選手の真下に潜らせていきます。

この揺さぶりは本当にきつそうでしたね・・・・。


記録とかしてないので、試合展開の細かい所がちょっとアレなんですけど、そこから結局ヘリコプターというか回転潜り系のムーブですね。

http://www.youtube.com/watch?v=FbQ6aEVMTno

背中つけて体を折りたたんで回る、こういうヤツです。

今日北岡選手がそういう動きを指して「滑るの」って言ってましたが、ハファエル大得意の「滑る」動きを活かして、足関とか絡めながらメッチャ強力にスイープします。


いやあ、あの動きのホンマモン、間近で見れました・・・。眼福この上ないです。


体はきっちり折りたたまれて、手足も柔らかく伸びていて、

美しかったですね・・・。


で結局、トイカツ選手を転がしちゃいます!


トイカツ選手も1度上になるのですが、同じように速攻潜られて再度ひっくり返されてしまいます。

あの返しがメチャ強のトイカツ選手が、全く返せません・・・。


なんじゃこりゃ・・・・


スイープが強力過ぎのもそうですが、どうしてもハファエルにキワで競り勝てません!

ハファエル、テクニックももちろんですが、そういう際の競り合いみたいな攻防、全部取ってました。

そういえば前回の八隅選手との試合でも、競り合いはほぼ全部圧していましたね・・・。

こんな細っこいのに、体の力がめっちゃくちゃ強いです・・・・。


そして圧して圧して、その最中に相手をほんの少しフックでリフトさせて,自身は回り込んでバックを取るのも、ハファエルの大得意パターンです。

テレレ方式だそうです。このパターンはハファエルも自身の教則DVD等で何回も実演してて、そういうので見てる分には何か普通に見慣れちゃってて「なるほど」程度の感想しか持たないんですけど、いざ試合で使ってるのを見ると、もう何から何まで圧倒的で、凄さが骨身に染みました・・・・。ヤバイヤバイ!


相手を火だるまにするような凄まじさでバックをとり、全身をトリモチのように強力に密着させて、バックからのチョーク、マタレオンを極めました・・・・。


あのトイカツ選手が、何もできなかったです・・・・。


僕は時々グラップリングの試合とか見てると「ここにレオジーニョが出てたらどうなるんだろう」とかボーっと考える事あるんですが、今日はそれが実現した感じでした。


ハファエル・メンデス、激激激強です・・・。


ちなみに大会終了後、ストーカーのように付きまとってサインを貰いました。

めっちゃ優しい感じでした・・・・。なぜか喜んでくれて、向こうから握手してくれました・・・。優しいしイケメン・・・。惚れそうドキドキ

けど試合中は、メラメラメラメラでしたよ。

ヤバイヤバイ!




アリ・ファリアス

どうもこんにちはビックリマーク


早速ですが、イキのいい若手柔術選手を紹介しますね。

若い柔術家といえばアサイーカフェブログが情報超速なので、この程度で恥ずかしいですが・・・。


名前をアリ・ファリアスと言います。

このarte suave という映像作品で、ジャカレイとスパーしてて有名になった青年です!

http://www.youtube.com/watch?v=7EXkv16oFEs



ヤバイですね。

ジャカレイからまともにバックとってます・・・。

動きが凄い速いうえに、とても柔らかです・・・。

この時何歳なんですかね。



この青年、現在はレオジーニョのもとでみっちり仕込まれているとの事!

(ちなみにジャカレイとは、同じ道場に住んではいたが、そこまでたくさん教えてもらったりとかは無かったそうです!どういう関係なんでしょうか笑)



レオジーニョに教えてもらっていて、弱くなるハズないですよね。

2009年のムンジアルでは、見事茶帯プルーマ級で優勝しました!TUEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

http://www.ibjjf.org/results/2009mundial.htm

テクニカルスピーディさに一層磨きがかかってそうで、将来がとても楽しみですね。



最近の動画を紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=vwJ8g9ldNBk&feature=PlayList&p=DCE56A5CFF3C0103&playnext=1&playnext_from=PL&index=59

これはまだ紫帯時代の、ノーギの大会ですね。

ずいぶんタクマシくなってます・・・。

ディエゴ・サンチェスみたいなワイルド・マッチョ・・・。

ギリェルミ・メンデスレオジーニョからアドバイスを受けてますね。

試合を見ていただくと分かるように、テクニカルさにパワーもついていて、凄いです。


動画の1回戦では、スパイラル系の、内回りに回転して潜るチカラが凄い!


2009ムンジアルのダイジェスト動画見ても思ったんですが、最近は軽い階級のトップ選手達、初手がコレですよね・・・。

ガンガン回って、相手にアナルドキドキ見せる形でのガードに入りますよね。

http://www.youtube.com/watch?v=YKOuJDXuH9o

この動画の吉岡選手がやってるような形のガードですね。

正式名称を知りませんので、アナルガードと呼びますね。


このアリ・ファリアスもグイグイ中に入っていって、入ったら即後転スイープ気味に相手を転がし、ヒザ十字!!

すぐ離すのもジェントル宝石ブルーな感じでステキですね。


決勝っぽい試合では、猛然とスライディング引き込み!!!

フックでガンガン相手を浮かせて、バックを強奪!!!


コレハスゴイ・・・・・・。


相手が粘ると、固めてポイントを守る事もできるようです!

しっかり勝つことを意識してるんですね。

これは強くなりますよ・・・。ていうか今でも十分強いですけど・・・。



http://www.youtube.com/watch?v=rUb9OeYH41M&feature=related

これはギの大会での映像です。

相手のクロスニーパスに合わせて、腰を起点にしての後転スイープのプレッシャーが素晴らしいですね。


そこからいわゆる潜りスイープに移行して、相手はバランスを取る事ができず、浮かされてまたもやバックを強奪!


上になると足を後ろに振り上げてのバックキック・パスが凄い切れ味・・・・。

相手も何度もヒザ入れて防御してくるのですが、そんなのお構いなしに激しくシツコクパスし続けます!!



この攻防は見応えありますね・・・。


それにしてもパスにしてもバック取るにしても、物凄い執着心です・・・。

相手を引っぺがす勢いです・・・。

やっぱこれくらいやらないとダメなんですかね・・・。


最後は送り襟絞めですが、これが片手バージョン。

もう片方の手は相手の足を掴んで、相手が回転して正対するのを防ぎつつ、自分の足を相手の首近くで組んでグリップと共に首を締め上げます!

とってもテクニカルですね・・・。

いかがでしたでしょうか。

アリ・ファリアス、是非注目してみて下さい。


ちなみにこの選手、メガトンことウェリントン・ディアスの娘さんとお付き合い中である事でも有名ですねラブラブ